ワックスを使うときの注意点

ワックスで自己処理する際の注意点

有名ドラマから知られるようになったブラジリアンワックス

脱毛の自己処理方法としてワックス、とくにブラジリアンワックスが知られるようになったのは最近のことです。アメリカのテレビドラマ「SEX AND THE CITY」のなかで登場して、日本でも知られるようになったのです。


ブラジリアンワックスを知らない人は「ワックスで脱毛ってどういうこと?」と思ってしまうでしょうけれども、仕組みは簡単です。ワックスを肌に塗り、それを固めるとムダ毛もいっしょに固まりますよね。その後にワックスをはがすと、一気にムダ毛も抜けるという仕組みです。


ガムテープを肌に貼って、一気にはがす・・のに感覚的には近いですが、ワックスはガムテープのように粘着性が強くないので、肌への影響はより少なくて済みます。毛根から引き抜くために、仕上がりそのものはキレイで、短時間でできることもメリットです。


ワックス処理は基本的に毛抜きの一気版

ブラジリアンワックスでの自己処理は、基本的には、一気に大きな面積で毛抜きをする、というものです。ですので、デメリットは毛抜き処理のデメリットに近くなります。


最大のデメリットは、やはり肌への負担が大きいことです。そして「痛い」こと。ドラマの中でも描かれていますが、実際かなり痛い脱毛方法です。


そして、当然ですが毛母細胞への影響を与えることはできませんので、一定の時間が経過すると、また毛が生えてきてしまいます。ブラジリアンワックスの処理は、定期的にとても痛い思いをしなくてはならないというのが、一番のデメリットでしょう。


ワックス処理をするときにも正しい方法で

とはいえ、短時間で大量に自己処理できるのはワックス処理のメリットです。止むを得ず行う際は、次のことに気を付けてください。

1)最初は小さな面積から始めましょう。自分が我慢できる痛みのレベルを知ることは重要です。
2)肌にはしっかりパウダーを振る。これでワックスを剥がすときに肌への影響を少なくすることができます。
3)肌を消毒しておく。自己処理後に炎症などのトラブルを起こさないためには重要です。

正しい手順を守って、全身脱毛が終わるまで、肌を守ってくださいね。