飲む日焼け止め

飲む日焼け止めの効果

飲む日焼け止め

驚きの『飲む』日焼け止め

最近、『飲む』日焼け止めが登場して注目を集めています。日焼け止めというと、これまでは、日傘とかサングラスで物理的に紫外線を遮断したり、塗るタイプの日焼け止めで、皮膚表面の塗り薬の被膜で同じように紫外線を物理的に遮断する方法しかありませんでした。


飲んで効く日焼け止めというと、ちょっと衝撃的です。いったいどういう仕組みになっているのか、とても気になってしまいますね。


日焼け止め効果の成分

飲むタイプの日焼け止めは、もともとは海外産のサプリしかありませんでしたが、最近国産品も登場してきています。日焼け止め効果をもたらすために、紫外線を浴びることで体内に発生してしまうフリーラジカルを抑える成分が含まれています。


各メーカーによって呼び方はさまざまですが、中央アメリカ原産のシダ植物から抽出した物質を配合している、とされています。古来から現地での医療用に使われてきた物質で、自然由来の物質ということで安全性も高いと考えられています。


塗る日焼け止めも併用する

飲むタイプの日焼け止めは、紫外線からの身体の防御効果を高めるものとされていて、従来の紫外線防御法と合わせて使うことが重要です。つまり、日傘とかサングラスも必要ですし、そして何よりも塗るタイプの日焼け止めもしっかり塗ることが重要になります。


役割分担として、まずは従来の紫外線防御法(日傘・サングラス・塗るタイプの日焼け止め)で、紫外線をブロックします。それでもどうしても防ぎ漏れは起きてしまいますし、塗るタイプの日焼け止めを塗っていても、その被膜を透過して皮膚内部に届いてしまう紫外線は発生してしまいます。


この止めきれなかった紫外線に有効に働くのが、飲むタイプの日焼け止め、と考えておくと良いです。もちろん飲む日焼け止めだけでも、何もしないよりは効果がありますが、使用体験談、口コミなどによると「いつもより日焼けの程度が軽い」というぐらいの状況になるようです。


ベストな組み合わせで紫外線対策を

飲むタイプの日焼け止めは、身体の外で防ぎきれなかった紫外線が、身体の中で悪影響を及ぼすことを防いでくれます。従来の紫外線対策(日傘・サングラス・塗るタイプの日焼け止め)と、飲むタイプの日焼け止めを一緒に使うことで、身体の内外で役割分担して紫外線を防いでくれます。


日本の夏も、年を追うごとに紫外線が厳しくなっているような気がしますよね。状況に応じて、飲むタイプの日焼け止めも合わせて使うことで、より望ましい紫外線対策を行っていってくださいね。


全身脱毛サロン『ラヴォーグ』について紹介しています。
格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。
新店舗情報なども順次追加しています!

 

全身脱毛サロン『ラヴォーグ』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報、新店舗情報なども順次追加しています!