日焼け止めの正しい使い方

日焼け止めの正しい使い方

全身脱毛をしている間は日焼け対策が重要

ラヴォーグ(La・Vogue)のような全身脱毛エステサロンに通っている間は、日焼け止め対策が重要となってきます。日焼けがひどいと、全身脱毛の施術を受けることができなくなってしまいますし、そもそも肌のためにも日焼け対策、紫外線対策は重要です。


肌の劣化、老化の原因は、一説によると90%が紫外線の影響によるものと言われています。紫外線はそもそも太陽から来ていて、日光があたる屋外では紫外線を避けることができません。そこで、日焼け止めを正しく使うことが重要になってきます。


紫外線の種類

紫外線は、英語表記 Ultraviolet の略でUVとも表記されますが、その紫外線は波長によって3種類に分かれます。UV-A波、UV-B波、UV-C波の3つですが、このうちUV-C波は通常地表に到達しないため、美容という観点で考える必要があるのは、UV-A波、UV-B波の2つとなります。UV-A波、UV-B波が肌に与える影響をまとめました。

UV-A波

UV-A波は、地表に届く紫外線の95%を占めます。波長が長いためにエネルギー自体は弱いものの、浸透力が高いことが特徴です。表皮に浴びたUV-A波の量を100とすると、20〜30%が肌の奥の真皮にまで到達します。真皮に到達したUV-A波は、コラーゲンなどに損傷を与え、肌の弾力性を失わせて、肌のたるみの原因となってしまいます。また、UV-B波によって生成されたメラニンを酸化させて褐色に変化させます。これが、シミが目立つ原因ともなってしまいます。


UV-B波

UV-B波は、紫外線量の5%ほどで量は多くありませんが、波長が短く、UV-A波よりも強いエネルギーを持ちます。UV-B波は、真皮層にまでは届きませんが、表皮に当たると、色素細胞が防御反応としてメラニンを生成します。UV-B波は、屋外の日焼けの主な原因で、多量に浴びるとやけどのような赤く炎症を起こしてしまいます。


日焼け止めの表示について

日焼け止めには、PAとかSPFという表示があることを見た人も多いでしょう。これは何を意味しているのでしょうか?

PA(Protection Grade of UVA)

PAは、UV-A波の防御指数を意味しています。長期的に肌を老化させてしまうUV-A波を防ぐための目安の指数で、PA+からPA++++までの4段階あります。


SPF(Sun Protection Factor)

SPFは、UV-B波の防御指数を意味していて、短期的に日焼け、炎症を起こしてしまうUV-B波を防ぐための目安の指数です。SPFは数値で表されますが、肌の炎症(ヒリヒリ赤くなること)を塗らなかった場合と比較して、何倍耐えられるかを意味しています。例えば、SPF30の場合は、何も塗らなかった場合に10分で赤くなってしまう人の場合は、10x30=300分の効果が期待できるという意味となります。


日焼け止め使い分けの目安

日焼け止めは、効果が高いものほど肌への負担も高くなってしまいますので、状況によって使い分けることが重要です。およその目安をまとめてみました。

日常生活 PA++、SPF20程度
屋外の軽いレジャー PA+++、SPF40程度
長時間の屋外活動 最高レベルのものが良い


日焼け止めの塗り方

PA値、SPF値の表示通りの効果を発揮させるためには、まず適量を塗ることが重要です。日焼け止めは、1平方センチあたり2mg使用した際に、表示通りの効果を発揮するように成分が調合されています。まずここを把握しておきましょう。


およそ500円玉の大きさで日焼け止めを手に取ると0.8gとされています。これがほぼ、顔全体に塗る際の適量となります。日焼け止めは、隙間なく均一に塗ることが重要です。塗り忘れた部位が出ないよう、気を付けましょう。正しく日焼け止めを使って、全身脱毛もしっかり進められるようにしてくださいね。