紫外線指数って何?

意外に知られていない紫外線指数

紫外線指数

紫外線指数はWHO提唱の世界共通の指数です

脱毛している間は、紫外線対策は万全にしなくてはいけません。脱毛している間だけではなく、紫外線を浴び過ぎてしまうと白内障その他、多くの病気を招いてしまいます。


欧米では、子どもでもサングラスで日焼け予防するのが一般的になっているほど。そんな紫外線の強さをあらわす指数が、紫外線指数。WHO(世界保健機関)によって提唱されている世界共通の指数で、紫外線が人体に及ぼす影響の度合いを、紫外線の強さによって5段階にわけてわかりやすく示しています。


5段階に分けられている紫外線指数

紫外線指数は5段階に分けられていますが、一覧表にすると次のようになります。

1〜2 (弱い)安心して戸外で過ごせます
3〜5 (中程度)日中はできるだけ日陰に入った方が良い
6〜7 (強い)長袖・日焼け止め・帽子の使用を推奨
8〜10 (非常に強い)日中の外出は出来るだけ控えた方が良い
11+ (極端に強い)長袖・日焼け止め・防止を必ず着用

紫外線指数は気象庁のホームページで確認できる

紫外線指数は気象庁のホームページで確認できます。天気予報で伝えられているのも、基本的にはこの気象庁が出している数値です。


日本全国の状況が一目でわかるようになっています。ちなみにこの日は関東地方は曇りで、紫外線指数は低かったようです。



もちろん各地の詳細情報も確認できます。例えば沖縄の与那国島ではこんな感じです。さすがに紫外線が強烈!ですね。



外出前には紫外線指数のチェックを

繰り返しになりますが、脱毛している間はとくに紫外線対策に気を付けなくてはなりません。お出かけ前には、必ず紫外線指数をチェックして、対策を忘れないようにしてくださいね。