光脱毛の種類

光脱毛にも種類があります

光脱毛の種類


光脱毛の種類

ラヴォーグ(La・Vogue)のような全身脱毛エステサロンでは、脱毛施術の方法として光脱毛が用いられています。フラッシュ脱毛という言葉を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、これは光脱毛の別の言い方で、同じ意味です。種類の違いを表しているわけではありません。


光脱毛の種類は、脱毛器の発光方式の違いによるものです。代表的なものは2機種、IPL脱毛とSSC脱毛です。


IPL脱毛の特徴

IPLとは、Intensive Pulse Light(インテンス・パルス・ライト)の略で、キセノンランプを使用した脱毛器です。シミやそばかすの治療にも用いられるもので、色白になったりという美肌効果があると言われています。


照射した光が、ムダ毛のメラニンをまず熱して、その熱が毛根部分の毛母細胞・毛乳頭の働きを弱めて、ムダ毛が生える力を弱めていくという仕組みですが、この仕組みそのものは、IPL脱毛でもSSC脱毛でも基本的に同じです。


SCC脱毛の特徴

SCCとは、Smooth Skin Control(スムース・スキン・コントロールメソッド)の略で、クリプトンライトを使用した脱毛器です。SSC脱毛はちょっと特殊で、体毛の成長を抑える成分が含まれた専用ジェルを使って脱毛していきます。


専用ジェルの中に、体毛の成長を抑える成分「フィニリーブ」が含まれた「トレジャービーンズ」という名称のカプセルが入っています。照射した光の熱でカプセルの膜がやぶれて、有効成分「フィニリーブ」が毛穴に浸透していくという仕組みです。


ラヴォーグで用いられている脱毛器

ラヴォーグ(La・Vogue)で用いられている脱毛器は、独自方式の純国産脱毛器LVS(エルブイエス)と、IPL方式を採用したシルキーライトUの2機種です。


発光方式でいうと、LVS(エルブイエス)は連射式、つまり一度に複数回発光します。連射式のメリットは素早い施術ができることですが、反面、照射回数が増えることで熱を持ちやすく、照射1回あたりの発熱量は低く抑える必要もでてきます。


シルキーライトUは単射式で、一度に一回のみ発光します。単射式のメリットは、照射1回あたりの発熱量は、連射式に比べて高めに設定することも可能で、その分、脱毛効果も高くなります。反面、施術効率は落ちますので、施術に時間がかかってしまうこともあります。


LVS(エルブイエス)とシルキーライトU、それぞれに特徴があり、メリットとデメリットがあるものですので、無料カウンセリングの際に、肌質の違いや施術スピードなどの希望を合わせて相談しながら、どちらの脱毛器をメインに使用していくか、決めていくことになります。

 

全身脱毛サロン『ラヴォーグ』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報、新店舗情報なども順次追加しています!