毛抜きで自己処理する時の注意点

毛抜きで自己処理するのは止めた方が良い?

毛抜きでの自己処理


ムダ毛の自己処理方法として、毛抜きを使う人は多いと思います。カミソリと並んで、もっとも多い自己処理の方法ですよね。毛抜きで自己処理するメリットとしては、毛根ごと毛を抜いてしまうので、次のムダ毛が生えてくるまでの時間稼ぎができることでしょう。


カミソリだと、自己処理した直後から、ちょっとずつムダ毛は肌に露出し始めるわけですが、毛抜きで処理した場合は毛根で毛が再生される時間が必要になるので、自己処理の頻度、回数が少なくて済むということにはなります。


ところが、毛抜きでのムダ毛の自己処理には注意しなければならない点もたくさんあります。ここでは、毛抜きで自己処理する時の注意点についてまとめてみました。


毛抜きをして発生する可能性があるトラブル

肌の炎症・化膿

毛抜きでムダ毛を抜くと、毛根の周囲の皮膚にもダメージを与えてしまします。出血することもあり、雑菌が入ると炎症を起こしてしまうことも。さらに炎症が悪化すると、化膿してしまう場合もあります。毛抜きは、肌へかかる負担がもっとも大きい自己処理方法ということは認識しておきましょう。


埋没毛の発生

埋没毛とは、ムダ毛が肌の表面に現れずに、肌の中で成長してしまう状態を指します。毛抜きでムダ毛を抜くと、毛穴が傷ついてしまいますが、毛穴がその後角質などで塞がってしまうと、次に育ってくるムダ毛が肌の表面に出ることが出来ず、埋没毛となってしまいます。


肌荒れ・色素沈着の発生

毛抜きでムダ毛を抜くと、肌へ大きな負担がかかってしまうことで、毛穴が隆起したボツボツ状になってしまうこともありますし、シミのように肌が黒ずんでしまう場合もあります。


どうしても毛抜きをしなくてはならない時の注意点

抜く前には蒸しタオルを当てる

毛穴が閉じた状態で、毛抜きをいきなり使うのは肌への負担がとても大きく危険です。蒸しタオルを当てるとか、入浴後に行うなどで、できるだけ毛穴が開いた状態で自己処理した方が良いです。


毛の生えている方向に抜く

毛抜きは、毛が生えている流れに沿って使うようにした方が良いです。毛の生えていない方向に向いて毛を抜くと、毛穴周辺へ与えるダメージが大きくなってしまいます。抜くときは優しくゆっくり抜きましょう。


抜いた後はしっかり保湿

毛抜きでムダ毛を抜いた後は、しっかり保湿しましょう。抜いた場所を冷やすことも忘れないようにしてください。


できるだけ専門の脱毛サロンで処理しましょう

毛抜き一つでムダ毛の処理が出来て、いちど処理すると比較的長い時間ムダ毛が無い状態で過ごせるため、ついついムダ毛の自己処理に毛抜きを使ってしまいがちです。それでも、毛抜きでの自己処理は、肌への負担が最も大きい自己処理方法だということは覚えておきましょう。


ワックスを使うときの注意点にも記載しましたが、脱毛ワックスも基本的には毛抜きと同じです。ワックスでの自己処理は、毛抜きの一気版ともいえる、大量毛抜き処理ということですね。


やはりムダ毛の自己処理は、ラヴォーグのような専門の脱毛サロンで施術してもらうことが一番のおすすめです。施術前の準備から、施術後のケアまで、肌の状態に合わせてしっかり対応してくれます。ぜひ脱毛サロンの活用を考えてみてくださいね。

 

全身脱毛サロン『ラヴォーグ』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報、新店舗情報なども順次追加しています!