脱毛と肌のターンオーバー

脱毛が肌のターンオーバーに与える影響

ターンオーバー

ターンオーバーとは

ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりのサイクル、細胞の新陳代謝のことを意味します。肌、つまり人の皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3つで構成されていますが、肌のターンオーバーという場合は、一番上の表皮のサイクルを指しています。


表皮は4層構造になっていて、上から順に、角質層・顆粒層・有棘層・基底層、という構成です。基底層で生まれた細胞が、時間とともに上に押し上げられて行き、角質層に到達します。私たちが目で見ている肌とは、この角質層のことなのですね。


角質層にまで上がってきた細胞は、やがて活力を失い、最後は垢となって皮膚から剥がれ落ちていきます。この、表皮の細胞が、生まれてから、垢として剥がれ落ちていく(死んでいく)までのサイクルを、ターンオーバーといいます。


ターンオーバーの速度

表皮の細胞が生まれてから死んでいくまでの時間は、部位によっても異なりますが、20代の頃はおよそ28日間程度(約1カ月程度)と言われています。ターンオーバーの速度は、加齢、年齢とともに徐々に長くなっていき、40代になると約40日程度にまで長くなってきます。


ターンオーバーの速度は、早くても遅くてもダメで、適正な速度を保つ必要があります。ターンオーバーが早すぎたり遅すぎたりすると、どういう影響が出るのか、まとめてみました。


ターンオーバーが早すぎる場合

細胞が十分に成長しないまま、角質層に到達してしまうということを意味します。セラミドなどの保湿成分を十分に蓄えられないまま、角質層にまで上がってきてしまいますので、乾燥肌の状態を招いてしまいます。結果的に、肌の重要な機能である、バリア機能を十分に発揮することができません。

ターンオーバーが遅すぎる場合

ターンオーバーが遅い場合の原因は、角質層にまで届いた細胞が、なかなか入れ替わってくれないことで生じるものです。つまり、なかなか垢として落ちて行ってくれない状態のことを指します。見た目の影響として、肌が汚いという状態を招いてしまいます。

脱毛が肌のターンオーバーに与える影響

ラヴォーグのような脱毛サロンで用いられるのは、光脱毛という方法ですが、この照射される光が肌への適切な刺激となって、ターンオーバーを促進させることが知られています。


肌のターンオーバーは、早すぎても遅すぎても、マイナスの影響が出てしまいますが、美容の観点から考えた場合に、より見た目の影響が大きいのは、ターンオーバーが遅すぎる場合です。ターンオーバーが遅いと、汚れがいつまでも肌に残り続けるということになってしまいます。


光脱毛の光が刺激となり、ターンオーバーが促進されて、古い細胞が剥がれ落ちるピーリング効果が期待できるわけです。脱毛が美肌にも効くというのは、こうしたピーリング効果によるものも大きいと考えられます。


脱毛している間は、しっかり保湿ケアをしましょう

脱毛施術を受けることで、肌のターンオーバーを促進し、美肌効果も期待することができます。ただし、ターンオーバーが早まることによる影響を抑えるため、保湿ケアはしっかり行うようにしましょう。


脱毛している間は、肌の保湿にいつも以上に気を付ける。これはぜひ、鉄則として覚えておいてくださいね。