一時的な増毛化・硬毛化のリスク

増毛化・硬毛化のリスクについて

増毛化・硬毛化とはどういう現象か

脱毛施術を受けている過程で、施術部位のムダ毛がかえって増えたり、硬い毛になってしまう現象がまれに見られます。これを、増毛化・硬毛化と呼びますが、具体的には次のような現象となります。

増毛化

医療脱毛でのレーザー照射や、光脱毛での光照射によって、ムダ毛の本数が増えてしまう現象です。光の照射により、発毛していない毛穴が活性化してしまうことによって起きる現象です。

硬毛化

医療脱毛でのレーザー照射や、光脱毛での光照射によって、ムダ毛は減るものの、残った毛が長くなったり太くなったりする現象です。比較的、産毛が多い部位に発生しやすいことが知られています。

増毛化・硬毛化の原因

増毛化・硬毛化の原因については、医学的にもまだ解明はされていません。医療脱毛でのレーザー照射、光脱毛での光照射、ともに発生する現象であることから、脱毛の際に発生する熱が原因と推測されています。


脱毛の仕組みでもご説明しましたが、医療脱毛でもエステ脱毛でも、脱毛の原理は照射した光がムダ毛のメラニンに作用した熱で、毛乳頭にダメージを与えることです。


明らかなムダ毛で、はっきりした黒色であれば、照射した光の熱量が効果的に伝わり、脱毛につながっていきますが、産毛などの細い毛の場合は、伝わる熱量も弱くなってしまいます。この弱い熱量が、逆に細胞を活性化させてしまうケースがあると推測されています。


増毛化・硬毛化しても最終的には問題クリアできます

増毛化・硬毛化は、ごくまれに起こる現象とはいえ、やはり心配ではありますよね。でも、ご安心ください。万一、増毛化・硬毛化してしまったとしても、脱毛施術を毛周期にしたがって巡回させることで、最終的には処理可能です。


増毛化・硬毛化が起きてしまう原理のところを考えると分かり安いのですが、増毛化・硬毛化したムダ毛は光照射の熱を効果的に伝えることができるようになります。そのため、一時的に増毛化・硬毛化しても、最終的には問題をクリアできるということなのです。