脱毛テープを使うときの注意点

脱毛テープで自己処理する際の注意点

ある意味もっともシンプルな処理方法かも

脱毛テープはある意味もっともシンプル、原始的なムダ毛の自己処理方法かもしれません。はじめてムダ毛が生えてくる思春期に、ガムテープでムダ毛を一気に剥がして痛い思いをした・・ という経験は多くの人が持っているのではないでしょうか。


脱毛テープは、原理的にはこれと同じです。ムダ毛除去の効果は保ちつつ、できる限り肌へのダメージを与えないように、痛くないように、テープの粘着度などが調整されたもの、と考えるとわかりやすいと思います。


脱毛テープの使い方

もちろんガムテープ・・ よりは慎重な事前準備をした方が良いです。肌を清潔にして、温めて毛穴を開かせておくと良いので、両方を一緒に対処できるようにお風呂に入った後に脱毛テープを使用すると良いでしょう。


なるべく痛くないように処置するためにも、温めて毛穴を開かせておくことは重要です。温めるとムダ毛自体も柔らかくなり、処理しやすくなります。


必要な事前準備を済ませたら、あとはテープを貼って剥がすだけ。テープによって、ムダ毛の流れに沿って貼るものと、ムダ毛の流れに逆らって貼るものがありますので、注意書きをよく読んで実行しましょう。


アフターケアは忘れずに

脱毛テープでの自己処理は、肌への負担をかけてしまうものです。自己処理した後は、保湿のためのローションを塗るなど、アフターケアはしっかり行いましょう。


ラヴォーグ(La・Vogue)のような全身脱毛エステサロンに通っていれば、万一、脱毛テープで自己処理するような場合でも、だいぶムダ毛は薄くなっているはずですので痛みも軽いのではないかなと思います。


それでも、肌にかかる負担が大きいことは事実。脱毛テープの使用は、どうしても止むを得ない場合の緊急手段と考えておいた方が良いでしょう。利用する場合にも、油断せずアフターケアはしっかり行って、つるすべ肌をめざしてくださいね。