サングラスで日焼け予防

脱毛している間はサングラスを着用しよう

サングラスは目の保護に重要

紫外線が強い夏にはサングラスが手放せない、という人もいると思います。太陽の光がまぶしい、ということがサングラス着用の大きな理由になっていると思いますが、サングラスは目の保護にとても役立つアイテムです。


目に直接紫外線を受けてしまうと、充血やドライアイ、眼精疲労といった目のトラブルの原因となります。それだけではなく、白内障をはじめとするさまざまな眼の病気を引き起こすリスクを高める要因となることも分かってきています。


サングラスは正しく着用すれば、目に入る紫外線の90%以上を防ぐことができると言われています。紫外線カット加工が施されたものを選ぶ必要がありますので、サングラスを購入する際はそこは注するようにしてください。


サングラスは目の保護のためだけではない

サングラスは実は目の保護に役立つだけではありません。目から紫外線が入り、目の細胞にダメージを与えると、脳が太陽光(紫外線)が強いという判断を行います。そして、紫外線に対応するためのメラニン色素をつくりだすよう、脳から全身に指令が出されます。目で紫外線を受けてしまうと、結果的に日焼けを発生させることになるのです。


また、人の目を構成する角膜や水晶体は、年齢が若いほど透明度が高く、紫外線も透過しやすい状況があります。欧米を夏に旅行すると、幼い子供でもサングラスを着用している姿を見ることが普通にあると思います。若い年齢ほど対策が重要、ということも気にしておきたい点です。


脱毛している間はサングラスを着用しよう

脱毛している間は日焼けが大敵。紫外線対策は重要です。日傘を使っている人も多いと思いますが、紫外線はビルや道路にも反射してしまうため、上側を遮るだけでは不十分です。


サングラスをかければ、少なくとも目に入る紫外線の大部分は遮ることが可能です。そして目に入る紫外線を遮ることは、全身の日焼け防止にも役立ちます。サングラスの着用は紫外線対策としては非常に重要です。


脱毛している間だけでなく、夏など紫外線が強い時期には、必ずサングラスを着用するようにしましょう。

 

全身脱毛サロン『ラヴォーグ』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報、新店舗情報なども順次追加しています!