脱毛当日に日焼け止めを塗るのは要注意?

脱毛施術を受ける当日に日焼け止めを塗るのはNGなの?

日焼け止め

ラヴォーグのような全身脱毛サロンで脱毛施術を受ける『当日』に日焼け止めを塗るのは止めた方が良いのでしょうか?という疑問があるようです。とくに真夏にはこの質問が増えてくるみたいです。

 

脱毛中は、日焼け乾燥には要注意!と言われますから、普段は日焼け止めを使用していて正解なはず。でも、日焼け止めを塗ることで光を遮ってしまい、光脱毛の施術を受けても効果が出ないんじゃない?ということをギモンに感じるということですね。

 

これはスルドイ!です。実際その通りで、『基本的に脱毛当日には日焼け止めは塗らない方が良い』、のです。

 

日焼け止めの『白さ』が問題

脱毛当日には日焼け止めは塗らない方が良いと言っても、紫外線は関係無いんです。

 

レーザー脱毛とか、光脱毛は、照射した光の熱を、ムダ毛の黒色のメラニンを介して毛根部に伝えることで脱毛効果を発生させます。同じ理屈で、照射した光が、刺青とか酷い日焼など、肌の色の濃い部分を熱してしまう危険性もあります。このため、脱毛中は日焼けしないようにしましょう、と言われるんですね。

 

その一方で、光脱毛で使う脱毛器から照射される光に、紫外線は含まれていません。ですので、紫外線を防ぐ役割を持つ日焼け止めを塗っていたとしても、紫外線に関してはもともと影響ナシと考えて良いのです。

 

問題は、日焼け止めを塗ると肌が白くなってしまうことなんです。

 

ペースト状のSPF値の高い日焼け止めは、肌に塗布すると肌が白くなってしまいます。とくに毛穴には日焼け止めが詰まってしまいがちです。毛穴に詰まった日焼け止めが『白い』ことで、脱毛器から照射された光の熱が、ムダ毛のメラニンに伝わることがブロックされてしまうのです。

 

日差しが厳しい場合は相談してみましょう

とは言え、真夏の太陽は殺人的な暑さを感じますよね。紫外線指数も、ものすごいですし。

 

本来は、脱毛サロンに行く時は、一枚羽織るなどで対処したいところですが、それでは厳しいと感じたら、スプレータイプかリキッドタイプの毛穴詰まりがしにくいタイプの日焼け止めを使いましょう。

 

そのうえで、日焼け止めを使っていることを、脱毛施術が始まる前に必ずエステティシャンに伝えてください。事前に拭き取りなどで落としてから脱毛施術を行うことになります。

 

ただし、ウォータープルーフ仕様になっている日焼け止めはNGです!水で拭き取ってもなかなか落ちない日焼け止めだと、脱毛効果を最大限に発揮できなくなってしまいます。

 

基本的には、脱毛当日の日焼け止め使用について、事前に一度サロン側のスタッフと相談しておくと良いです。

 

日焼け止めは必ず持っていきましょう

脱毛施術の当日に、日焼け止めを塗るのはできるだけ避けた方が良いです。

 

それでも、日焼け止めを持参するのは忘れないでください!

 

脱毛施術しちゃった後は、日焼け止めがとくに悪影響を与えることなどはありません。むしろ、脱毛施術で敏感になった肌を守るために、脱毛後は日焼け止めはぜひ塗っておいた方が良いです。

 

脱毛している間の紫外線対策、日焼け止めを塗ったり塗らなかったりの問題は、とても面倒なのですが、これもお肌をキレイに保つためには必要なこと・・ と思って、暑い夏を乗り越えましょう!

 

全身脱毛サロン『ラヴォーグ』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報、新店舗情報なども順次追加しています!