ムダ毛の構造

ムダ毛の構造を解説します

ムダ毛の構造

ラヴォーグのような全身脱毛サロンに通うなら、ムダ毛、つまり体毛の構造について知っておきたいところです。まず、全体の断面図を示しますね。この断面図に従って、記載されている用語を、一つひとつ解説して行きます。


毛幹と毛根の違い

ムダ毛、体毛は、毛幹毛根に分かれます。これは見た目上の区分と考えて良く、さらっと認識していただいて大丈夫です。

毛幹(もうかん)

毛幹は、体毛の皮膚表面にあらわれている部分を指します。つまり、目で見える部分の体毛、ムダ毛ということですね。脱毛も、美容的な観点からは、いかに毛幹つまり目に見えるムダ毛を取り除くかが重要になります。


カミソリを使うときの注意点で説明していますが、カミソリで剃るということは、毛幹部だけを取り除くということになります。自己処理としては肌への負担が少なく、こちらの方が望ましいです。

毛根(もうこん)

毛根は、毛幹とは逆の概念です。体毛、ムダ毛の皮膚表面にはあらわれていない部分、目では見えない部分を指します。体毛の重要部分は、毛根に集中していて、脱毛について考えるときも、毛根の働きについて理解しておくことが重要になってきます。


毛抜きで自己処理する時の注意点で説明していますが、毛抜きで自己処理すると、何の処置も無しにいきなり毛根から抜くことになります。これは肌の負担が大きく、自己処理としてはできるだけ避けた方が良いです。


毛根の構造

体毛の重要な機能が集中する毛根ですが、外側の組織から順に解説して行きます。

毛包(もうほう)

毛包は、毛根にあるさまざまな組織を袋状に包みこんでいる器官です。毛包のうち、皮膚の表面に見えている部分が毛穴となります。

毛母細胞(もうぼさいぼう)

毛包は体毛を包み込むように存在していますが、体毛の根元に毛母細胞があります。毛母細胞は、人体のなかでも最も細胞分裂が速い細胞の一つです。毛母細胞がどんどん細胞分裂を繰り返すことによって、体毛が伸びていきます。

毛乳頭(もうにゅうとう)

毛母細胞の奥には、毛乳頭があります。毛乳頭は、毛細血管から栄養を取り込み、毛母細胞に伝えています。つまり、毛乳頭がなければ、毛母細胞は成長できません。体毛を伸ばすことはできなくなるのです。


レーザー脱毛も光脱毛も、光の熱で毛乳頭にダメージを与えることで脱毛効果を得るという手法です。


脱毛施術の仕組み

レーザー脱毛も光脱毛も、体毛の素になる毛母細胞に直接働きかけるのではなくて、毛乳頭に働きかけることで、毛母細胞に栄養が行き渡らないようにして、体毛・ムダ毛の成長を抑えるというアプローチです。


脱毛の仕組みでは、主に毛周期について説明していますが、毛周期について理解することと並んで、毛乳頭にダメージを与えることで脱毛効果を得るということを理解しておくことが重要です。


体毛、ムダ毛の構造がどうなっているのか理解すると、脱毛の仕組みについても、より深く理解できると思います。せっかく脱毛施術を受けるのですから、自分の身体のどこに、どう働きかけているのか、把握しておきましょう。


全身脱毛サロン『ラヴォーグ』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報、新店舗情報なども順次追加しています!