幹細胞で美肌になれる?

幹細胞で美肌が蘇る?

幹細胞

全身脱毛すると、ムダ毛が無くなって、肌がクリアに見えるようになり、以前よりも肌の調子を気にするようになります。

 

化粧品とか、紫外線対策なども気にするようになり、肌もどんどんキレイになっていくというプラスのサイクルが回り始めて、どんどん綺麗になっていく効果があるんですね。ところで、最近、幹細胞を配合した化粧品が登場してきていて話題です。

 

幹細胞(かんさいぼう)とは、細胞分裂して自分と同じ細胞を作る能力と、別の種類の細胞に分化する能力を持っていて、さらに、際限なく増殖できる細胞のことです。

 

普通の細胞は、自分と同じ細胞を作る能力しか持ちません。内臓を作る細胞は内臓になり、骨を作る細胞は骨になるということですね。これに対して、幹細胞は様々な種類の細胞を作る能力を持っています。

 

人間の身体は一つの受精卵から始まり、約60兆個、200種類以上の細胞に分化して行きます。最初の段階では、何にでもなれる幹細胞が中心で、そこから普通の細胞が圧倒的に多数を占める状態になって行きます。

 

幹細胞は、私たちの身体にも少ないですが普通にあって、病気やケガなどをすると、細胞が傷ついた場所に集まります。そこで細胞分裂・分化を繰り返して、失われた細胞を再生して、組織の機能を回復させるという重要な働きをしています。

 

幹細胞の持つ、再生・回復の機能に注目して進化しているのが、幹細胞を用いた再生医療です。幹細胞を利用した化粧品も、基本的に同じ考え方が基礎にあります。

 

過度のダメージを受けたり、年齢を重ねると、肌の細胞の機能は徐々に失われてしまうのですが、幹細胞エキスを配合した化粧品を使うことで、お肌の再生・回復を促して行こうというものが、幹細胞を利用した化粧品です。

 

細胞を活性化する成長因子『グロースファクター』

幹細胞に働きかけて、肌を活性化しようとする時、細胞を活性する鍵となるは情報伝達物質(サイトカイン)です。

 

情報伝達物質(サイトカイン)は、細胞の活動を制御する鍵になるものですが、そのなかでも特に、細胞の成長や増殖を促すものを、成長因子(グロースファクター:GF)と呼んでいます。

 

幹細胞配合の化粧品とか、幹細胞コスメは、幹細胞に働きかけて肌を活性化する成長因子(グロースファクター)が有効成分です。

 

肌が年齢を重ねるとともに、はり・つやを失ってしまうのは、加齢により細胞の修復・再生のスピードが遅くなり、特に脂肪肝細胞が持つコラーゲンを生み出す能力が低下してしまうことが主な原因です。

 

幹細胞配合の化粧品とか、幹細胞コスメは、成長因子(グロースファクター)を適切に補うことで、細胞の修復・再生のスピードを回復させ、さらにコラーゲンを産み出す能力を回復・再生させて、弾力がある肌に戻していこうとするものです。

 

従来の化粧品は、コラーゲンなどを直接補う方向なのに対して、幹細胞を配合した化粧品・幹細胞コスメは、肌がコラーゲンなどを再び生み出せるように再生していくものです。

 

お肌のコンディション維持には様々な方法が

幹細胞を配合した化粧品・幹細胞コスメは、幹細胞が何に由来するかによって、3種類に分かれています。

 

ヒト幹細胞に由来するもの

人間の脂肪肝細胞などから取り出した幹細胞を培養した「幹細胞培養液」から抽出した成長因子(GF)を配合しています。

 

動物幹細胞に由来するもの

主に幼羊の毛根とか、羊のプラセンタ(胎盤)から取り出した幹細胞をもとにしたものです。

 

植物幹細胞に由来するもの

リンゴやアルガンなどの植物の細胞から取り出した幹細胞をもとにしたものです。

 

 

こうして見ていくと、お肌のコンディション維持するためには、実に様々な方法があることが良く分かります。女性にとっては、それだけお肌は大事なものだということですね。

 

脱毛すると、ムダ毛が無くなって肌がクリアに見えるメリットはありますが、見せたくないものも見えてしまうデメリットもあります。色々な化粧品を試して、自分にとってベストの方法を選択するようにしましょう。

 

恋肌(こいはだ)徹底検証TOP

全身脱毛サロン『恋肌(こいはだ)』を徹底解説しています。格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報、新店舗情報なども順次追加しています!