脱毛と睡眠

脱毛と睡眠の切っても切れない関係

脱毛と睡眠

睡眠不足は美容の大敵

昔から美容に睡眠不足は大敵と言われます。脱毛も、美容の意一環で行うこと。肌にも負担がかかることもあり、睡眠時間の確保にはいつも以上に気を付ける必要があります。


ところで睡眠をとることが、美容、ひいては健康全般にどうして重要なのでしょうか?確かに眠いときに眠れるのはありがたいことですけれど、理由を知りたいところですよね。これには成長ホルモンが深く関わっています。


成長ホルモンが肌の新陳代謝を促す

成長ホルモンには、成長に関する作用と、代謝に関する作用があります。成長に関する作用では、骨と筋肉の成長を促し、代謝に関する作用では、人間の身体をつくる炭水化物、タンパク質、脂質の代謝を促進します。


成長ホルモンは、睡眠中に脳の下垂体前葉から分泌されることがわかっています。まさに寝る子は育つ、というわけで、子供の成長や、肌の新陳代謝つまりターンオーバーは睡眠時に特に促進されるのです。


睡眠のゴールデンタイム

1日のうちで成長ホルモンの分泌が最も盛んな時間帯は、夜22時から午前2時と言われています。この時間に睡眠をとることで、肌だけでなく健康面を含めた、身体全体の調子が整えられると考えられています。


そのため、夜22時から午前2時を「肌のゴールデンタイム」「肌のエンジェルタイム」などと呼んで、美容のための睡眠時間の確保が説かれる場合がとても多いのです。肌のターンオーバーのリズムが乱れると、老廃物、つまり古い角質が残りやすくなります。その結果、くすみ、シワ、シミ、ニキビなどの吹き出物、乾燥といった肌のトラブルを引き起こしてしまうのですね。


睡眠直後の3〜4時間を重視

とはいっても、夜22時から睡眠時間をとることも実際問題難しい、というひとも少なくないでしょう。そういう場合は、眠りはじめの最初の3〜4時間にしっかり熟睡できるようにすると良いです。成長ホルモンの研究が進むにつれて、眠りについてから3〜4時間の間がもっとも活発に成長ホルモンが分泌されるという研究もでてきています。


夜22時から午前2時のゴールデンタイム説に異論が出てきているというよりは、生活の夜型化に伴って、人間の行動時間が変化していると考えた方が良さそうです。日本だけでなく世界中の多くの人々が、昔は夜22時ごろには寝ていたわけで、眠りについてから3〜4時間というタイミングに重なりますよね。


快適に眠れる環境を整えよう

快適に睡眠をとり、とくに眠りはじめの最初の3〜4時間にしっかり熟睡できるようにするためには、環境を整えることも必要です。人によって快適な睡眠を導入する方法はさまざまですよね。


アロマなどの香りでリラックスする人もいれば、暖かい飲み物で身体が落ち着くひともいます。自分に最適なパターンを見つけて、とくに脱毛施術をしている間は、しっかり睡眠を取るようにしましょう。

 

全身脱毛サロン『ラヴォーグ』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報、新店舗情報なども順次追加しています!