脱毛後のキメ細かい肌は皮溝と皮丘がポイント

脱毛後にキメ細かい肌を実現するには皮溝と皮丘がポイント

皮溝と皮丘

全身脱毛してムダ毛が無くなってくると、肌の調子にも気を配るようになってくるものです。

 

キメの細かい肌を、皮溝(ひこう)と皮丘(ひきゅう)がポイントです。皮溝と皮丘とは、あまり聞かないことですが、どういうものなのでしょうか?

 

人間の肌は、拡大してみると、細い線が網目状に走っています。一見、細い線のように見える溝を皮溝、皮溝に囲まれた小さな皮膚の盛り上がりを、皮丘と呼びます。

 

皮溝が細かく浅くて、皮丘の大きさや高さが均一に揃っているほど、キメが整った美しいお肌に見えます。

 

逆に、皮溝が粗くなっていたり、皮丘の形や高さが乱れいる状態が、肌荒れです。皮溝と皮丘はどうして荒れてしまうのでしょうか?

 

皮溝と皮丘の形を決めるのは乳頭層

肌の構造は、大きく3層に分かれています。

 

上から、表皮層、真皮層、皮下組織ですが、表皮層と真皮層の境目には、『乳頭層』と呼ばれる薄い膜があります。

 

乳頭層は細かい凹凸のあるウェーブ状になっていて、その凸部の先端(乳頭部)には、毛細血管やリンパ管、末端神経が集中しています。毛乳頭の凸部から表皮に、栄養が供給されています。

 

表皮層の下には、乳頭層の凹凸がずらりと並んでいて、その形状が表皮の皮溝と皮丘の形に影響を与えています。

 

乾燥や、紫外線、外部刺激、生活習慣などの影響で、乳頭層の凹凸が萎縮して扁平化して行きます。乳頭層が扁平状に、フラットになると、表皮に栄養が行き届かなくなり、皮溝と皮丘の形が乱れてきます。

 

加齢による老化の影響も大きいのですが、それ以外の要因も見逃せません。特に脱毛していれば、肌の状態はよりクリアに見えてしまいますので、お肌のケアは一層気を付ける必要があります。

 

脱毛したらお肌のケアを忘れずに

全身脱毛すると、ムダ毛が無くなることで、肌が綺麗になったように見えます。

 

身体全体でもそうですし、顔脱毛などを行えば、それだけで化粧の乗りも顔色のトーンも一段階アップしたような気になるものです。

 

これは脱毛の嬉しい効果ですが、決して油断はしないでください。

 

特に、紫外線対策保湿は重要です。加齢による老化の影響はどうしても避けられないところはありますが、しっかり紫外線対策を行い、保湿ケアを実施することで、肌年齢をいつまでも若く保つことが出来ます。

 

しっかり紫外線対策と保湿ケアを行って、皮溝と皮丘の形をキープして、いつまでもキメの細かい肌を実現しましょう。

 

全身脱毛サロン『ラヴォーグ』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報、新店舗情報なども順次追加しています!