自宅でのケア

脱毛サロンに通っている間のセルフケア

脱毛サロンに通っている間のセルフケア


ラヴォーグのような全身脱毛エステサロンは、サロンに通う頻度がとても多いというわけではありません。毎日通うということはあり得ませんし、スケジュールの組み方にもよりますが、毎月通う人も必ずしも多くは無いんですよね。


となると、その間のケアは自分で行うことになりますが、どうしたら良いの?というところが問題になってきますよね。全身脱毛の効果を高めるセルフケアでもお知らせしましたが、保湿・紫外線対策・ホルモンバランスへの配慮、この3点は基本として重要です。


その他、具体的な対応についてご説明します。


まず脱毛サロンの担当エステティシャンと良く相談しましょう

脱毛サロンに通っていると、次の施術までに気を付けること、自宅でのケアはどうしたら良いのか、必ず担当のエステティシャンから説明があると思います。まずはその説明をじっくり聞き、良く分からない部分はきちんと質問して疑問を解消するようにしましょう。


照射する光のレベルは、ひとり一人の肌の状態に合わせて調節されるものですので、熱によるダメージなども個人差が出てきます。担当のエステティシャンが、一番状態を良く把握しているはずですので、まずはしっかり相談してみてくださいね。


自宅の処理は基本は「剃る」

通っている脱毛サロンとしっかり相談することは前提として、脱毛サロンに通っている間の自宅ケアは、基本的には抜くのではなくて、カミソリで剃ることが中心となります。


ムダ毛を抜くことで、毛穴周辺の細胞にもダメージを与えてしまうということもありますが、抜いてしまうと光が作用する(熱を与える)対象が無くなってしまいます。ムダ毛を抜いただけでは、毛が生えない状態にはなりません。


脱毛サロンの施術が有効に作用する状態に保っておくことも重要になってきますので、基本は、ムダ毛を抜くのではなく「剃る」と覚えておくと良いと思います。自己処理する時には、カミソリを使うときの注意点などを参考にしてみてください。


デリケートゾーンのケアは念入りに

VIOなど、デリケートゾーンに脱毛施術を行った際には、他の部位以上に施術後のケアをしっかり行いましょう。一般に、デリケートゾーンの肌はとても薄く、肌の水分を保つ角質層は顔の皮膚の半分ほどしかありません。保湿には十分注意してください。


保湿が重要になる反面、デリケートゾーンは、肌のなかでも常に下着で覆われている部分になりますので、雑菌が繁殖してしまうことも多い部位です。保湿には気を付けつつ、過剰な蒸れなどが生じないよう、気を付けましょう。


最近ではデリケートゾーン専用のコスメ用品が多く販売されています。そちらを補助的に使って見るのも良いと思いますよ。


自宅のケアに気を付けて快適な脱毛ライフを

脱毛サロンに通い続けていくと、徐々にムダ毛もキレイになってきてとても嬉しいものです。とはいっても、時間の大半を過ごすのは自宅など脱毛サロン以外の場所です。


しっかりセルフケアを行って、快適な脱毛ライフを送ってくださいね。