ラヴォーグ

エタラビ事件を受けてラヴォーグ広報

ラヴォーグ広報


エタラビ事件を受けて、ラヴォーグの広報文が発表されていますのでご紹介します。原文はこちらです。エタラビが消費者庁より指摘された点について、ラヴォーグの状況について説明されています。


ラヴォーグの違い(月額制)

ラ・ヴォーグの月額制プランは、コース料金の分割払いではありません。全身の施術1回当たりに必要な料金、現在のキャンペーンなら4か月分を、毎月銀行引落にてお支払いいただきます。お支払いいただいた料金に応じて施術回数が決まり、ご希望の回数で卒業していただけるプランです。ご都合が合わずご来店できなかった月は、その翌月などにご予約のご案内をさせていただいております。


まずラヴォーグが、施術総額の分割払いではなく、月額制であることが説明されています。施術総額での契約が前提ですと、事実上の負債(ローン支払い)ということになるわけですが、ラヴォーグの場合はそういうことにはなりませんよ、ということですね。


ラヴォーグの違い(予約について)

ラ・ヴォーグの特徴の一つに、予約の取りやすさもございます。ただし、お客様のご希望が、数日後や、特定の曜日お時間限定となると、ご希望通りにご案内できない場合もございます。お客様に快適に通っていただけるよう、予約の空き状況をチェックし、脱毛器追加やスタッフ増員、店舗移転などの取り組みを行っております。


次に予約についての説明ですが、予約が取りやすいように努力しているけれど、繁忙期には難しいタイミングもあるかも、という当然のお知らせになっています。また、機材やスタッフの増員についても表明されているのは心強いですね。


ラヴォーグの違い(返金対応について)

クーリングオフや中途解約のお申し出につきましては、可能な限り速やかにご対応させていただいております。クーリングオフは書面でのお申し出と定められておりますが、ラ・ヴォーグではお電話やメール等のご連絡でもお手続きを進めさせていただいております。ご返金の場合は、事務手続きの関係上、お申し出より1か月以内に銀行振り込みにて対応させていただいております。クレジットカードでのお支払いの場合は、お客様のご都合に合わせて、店舗へご来店いただきその場でキャンセル処理を行うか、本部からカード会社へキャンセル依頼をさせていただいております。


最後にクーリングオフについてですが、書面だけでなく、電話やメールの連絡でも柔軟に対応していることが表明されています。クレジットカードでの支払いの場合に来店の可能性があることが示されているのは、クレジットカードの処理端末(専門用語でCAT端末と言います)の方が速やかに返金対応(取り消し対応)できることを配慮してのものでしょう。



総じて、当然ですけれども、特定商取引法の順守をはじめ、社会的批判を受けることのないよう適正な業務運営に努めていくことの表明が行われている文章です。こうした速やかな対応は利用者としてとても安心できるありがたいことですね。