妊娠中・生理中でも脱毛できる?

妊娠中は脱毛できません

妊娠中・生理中の脱毛

妊娠中は、脱毛施術を受けることができませんできません。これは全ての脱毛サロンで同じと考えて良いです。

 

ラヴォーグ(La・Vogue)のような全身脱毛エステサロンでも、医療脱毛クリニックでも、妊娠中は脱毛施術を受けることはできません。これは美容脱毛を提供している専門機関すべてに共通する基本ルールになっています。

 

妊娠中に脱毛施術ができない原因は、ホルモンバランスの影響によるものです。光脱毛の光とか、レーザー脱毛のレーザー光線が、母体および胎児に直接影響を与えるということではありませんが、妊娠中はホルモンバランスが通常時と異なるために、ムダ毛の再発を招くことがあります。

 

また、脱毛施術は、少ないとはいえ痛みがあるものですから、その痛みによって子宮収縮などを起こす可能性も考えられます。とくに脱毛サロンの場合は、医療機関では無いので、万が一の事態が生じた場合の対応が取りにくい事情もあります。

 

このため、妊娠中は脱毛できない、と考えておいてください。

 

生理中の脱毛も基本的にNGです

生理中の脱毛については、妊娠中の脱毛ほど画一的な判断が下されるわけではありませんが、基本的に脱毛できないと考えていた方が無難です。VIOラインの脱毛施術が難しいことはもちろんですが、それ以外の部位についても基本的には避けた方が良いと考えられています。

 

理由は妊娠中と同じくホルモンバランスの影響によるもので、生理中はホルモンバランスが崩れやすくなってしまい、脱毛効果が出にくくなってしまうこともあるためです。脱毛サロンの予約は、生理に重ならないようにタイミングに気をつけると良いです。

 

全身脱毛でVIO脱毛しない場合は、脱毛施術できる可能性もありますが、原則としては難しいと考えておいた方が良いです。もし予約日に生理になってしまったらどうしたら良いのか、脱毛サロンのスタッフにあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

 

全身脱毛サロン『ラヴォーグ』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報、新店舗情報なども順次追加しています!