脱毛すると毛穴が開く?

脱毛すると毛穴が開いてしまうの?

毛穴

脱毛すると、毛穴が開いてしまうと感じる人がいるようです。

 

結論から言うと、これは誤解なのですが、毛穴の問題はお肌のトラブルのなかでも大きなものの一つですから、実際のところどうなのか、気になってしまいますよね。

 

毛穴の開き

毛穴が必要以上に開いてしまうと、毛穴の黒ずみとか、毛穴の詰まりなどが発生します。状態が酷い時には、お肌が、イチゴとかミカンの表面のようになってしまいます。

 

そもそもつるっとした肌を理想とすると、毛穴はできるだけ見えなく、目立たないようにしたいのに、どうして必要以上に毛穴が開いてしまうのでしょうか?

 

実は、毛穴が開いてしまう原因は、大きく2つあると考えられています。

 

毛穴が開いてしまう原因は皮脂の過剰な分泌

皮脂

毛穴の重要な役割の1つは、汗とか老廃物などの排出の通り道になることです。これは生理現象として避けることができません。

 

もう1つは、毛穴から皮脂を分泌して、肌を守ろうとする働きがあります。問題になるのは、こちらの方です。

 

肌が乾燥して水分が失われると、毛穴が広がって皮脂を分泌。皮脂の薄い膜を作って、お肌を乾燥から守ろうとします。

 

つまり、毛穴が必要以上に開いてしまうのは、肌を乾燥から守ろうとして、毛穴から皮脂を分泌しようとする時に、皮脂の通り道になるからなんです。皮脂の分泌が多く、過剰に分泌されている状態だと、毛穴の開きはより大きくなってしまいます。

 

お肌を適切に保湿していれば、皮脂の過剰分泌は避けられます。お肌のケアが、一にも二にも『保湿が重要』と言われるのは、このためなんです。

 

脱毛したらお肌の乾燥には要注意

脱毛すると、施術時の熱で、お肌は乾燥してしまいます。ココが要注意ポイントなんですね!

 

これまで当サイトでも度々お伝えしてきましたが、脱毛したら乾燥には要注意!これは鉄則です。

当サイトの乾燥対策関連記事
日焼け乾燥には要注意
冬の乾燥肌対策

 

お肌の保湿には、日頃から気を付けていないと、お肌の乾燥を防ぐための皮脂の過剰分泌を招いてしまい、結果的にそれが、毛穴が広がって見えることに繋がってしまいます。

 

脱毛した後の肌は、さらに丁寧なケアが必要なことは言うまでもありません。

 

『脱毛したら、お肌をしっかり保湿してくださいね!でないと、毛穴が開いちゃいますよ!』

 

などと、脱毛サロンのスタッフが助言してくれるのですが、こういう言葉が、脱毛すると毛穴が開くという噂に繋がってしまっているようです。

 

脱毛と毛穴の開きに、直接の関係はありません。ですが、お肌の保湿は非常に重要なことです!
『脱毛したらお肌の保湿、ムダ毛の自己処理した後もお肌の保湿』これをしっかり心がけましょう。

 

全身脱毛サロン『ラヴォーグ』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報、新店舗情報なども順次追加しています!