冷房の効きすぎは肌にも良くない?

冷房が効きすぎていると肌にもダメージ?

冷房


夏といえば脱毛!ですが、暑くなってくると冷房を適切に使用して快適に過ごしたいものです。ところが、冷房も効かせ過ぎると、身体全体の不調だけでなく、肌への悪影響も与えてしまいます。株式会社decenciaが行った、夏の肌状態に関する意識調査が公開されましたのでお知らせします。(参照:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000133.000002987.html)


長時間冷房は肌の不調の原因に

夏場に毎日6時間以上、冷房が当たる環境にいる女性の90%が、「肌の冷え」を感じているという結果になっています。また、 「肌の冷え」を感じている女性のうち、98%が肌の不調を感じていて、「特に不調を感じる症状としては、日焼け」に次いで「乾燥」が気になっているという回答となっています。



冷房に当たりすぎると肌の冷えと乾燥も進行

冷房の効いた環境に長くいると、身体だけでなく肌にも「冷え」と「乾燥」が進み、肌の角層内がインナードライ状態になってしまうことが知られています。皮膚温が下がると化粧品中の美容成分の運動性が低下し、化粧品の効果が現れにくくなること。また、皮膚温が下がると肌のバリア回復力も低下⇒肌がダメージを受けやすくなることも確認されているということです。



冷房は適切に使用しましょう

暑い夏はつらいものですが、冷房だけでなく、クールビズなどの服装面での対策も合わせて、冷房を適切に使用するようにしましょう。最近はクールビズも浸透してきていて、クールビスに合わせて脱毛を考えるケースも多いようです。


冷房を使って室温を下げることだけに頼ってしまうと、身体全体だけでなく肌にも悪影響が出てしまいます。室温を下げ過ぎない、扇風機と併用するなど、いろいろ工夫してみてくださいね!

 

全身脱毛サロン『ラヴォーグ』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報、新店舗情報なども順次追加しています!