ニキビがあっても脱毛できる

ニキビ肌でも全身脱毛はできる

多少のニキビなら問題なし

ラヴォーグ(La・Vogue)のような全身脱毛エステサロンに通いたいけど、ニキビがあってどうしよう?と考えている人もいると思います。脱毛できない部位でもご説明しましたが、光脱毛の施術ができない・難しい部位は基本的に色素沈着の大小がポイントとなっています。


ニキビは肌のトラブルの代表的なものですが、ニキビ跡の場合は色素沈着が薄い場合がほとんどなので、多くの場合は光脱毛の施術を受けることが可能です。もちろん、ニキビが炎症を起こしている、化膿しているなど現在進行形の場合は話が別で、この場合はニキビができている箇所の状態が落ち着いてから脱毛施術を受けた方が良いです。実際、全身脱毛エステサロンに通っている最中にニキビができてしまうこともあると思いますが、その場合は担当するエスティシャンと相談しながら施術を進めていくということになります。

全身脱毛にはニキビ肌の改善効果もある

全身脱毛を行うと、毛穴に汚れとかごみが入りにくくなりますので、結果として皮脂が溜まりにくくなります。このことから、全身脱毛にはニキビの発生を防止する効果があると言われています。


また、ニキビができてしまった場合で考えてみても、自己処理する場合だと、ニキビがある部位をカミソリなどで傷つけてしまう可能性がとても大きいのです。肌の状態をより悪化させる危険性を、全身脱毛することによって排除することができるというわけですね。

光脱毛の美容効果は特に大きい

ラヴォーグ(La・Vogue)で採用されている光脱毛は、医療脱毛で用いられるレーザー光線よりも出力が低いものを用います。医療脱毛では、出力が高いことから、肌の乾燥とかやけどの可能性を考慮する必要があるのですが、光脱毛の場合はそうした心配が少ないのです。


光脱毛は肌への負担が少なく、とくに長い波長を用いた場合には、肌のコラーゲン生成を促進する美肌効果も期待できます。基本的に、ニキビが気になる人は医療脱毛よりも光脱毛を選択した方が総合的にプラスでしょう。


ラヴォーグ(La・Vogue)の光脱毛は、ニキビ対策という意味でも効果があるものなのですね。施術前に確認しておきたいという方は、無料カウンセリングの際にしっかり聞いて見ましょう。