全身脱毛は、ほくろが多くても大丈夫?

ほくろがあっても全身脱毛できるの?

ほくろがあっても全身脱毛できるの?

ラヴォーグのような全身脱毛サロンに通おうとするとき、ほくろが多い人は自分が脱毛施術を受けられるかどうか迷ってしまうかもしれません。


脱毛の仕組みでも説明しましたが、光脱毛でもレーザー脱毛でも、ムダ毛の黒色のメラニンを介して毛根部に熱を伝えるものですから、ほくろのように色素の濃い部分についてはどうなんだろう?と思ってしまいますよね。


ほくろが多くても全身脱毛できるのかどうかについて、まとめてみました。


ほくろを熱してしまう可能性はあります

光脱毛とレーザー脱毛は、脱毛効果を起こす原理は同じです。照射した光の熱を、一旦ムダ毛の黒色のメラニンに吸収させて、その熱がムダ毛の毛根部に伝わって、毛乳頭がダメージを受けることで脱毛効果が生じます。


照射した光は、ミサイルのように特定の何かを狙うことはできませんので、黒色とか褐色など、肌の色の濃い部分にも反応してしまう(熱を吸収させてしまう)可能性はあります。


これは、ほくろだけではなくて、色の濃いあざとか、酷い日焼けの場合でも同じような可能性が生じます。


全身脱毛サロンの対応

全身脱毛サロンがほくろのある部位に脱毛施術をする時、対応方法は2つです。


@ほくろ部分に小さなシールを貼って光が直接当たらないようにする。
Aほくろがある部位の脱毛は避ける。


シールを貼ると言っても、小さいほくろはそのまま脱毛施術を進めてしまうことがほとんどです。どの程度のサイズのほくろから、シールで対応するのかについては、脱毛施術を行うエステティシャンの判断にも左右されます。


基本的に、脱毛器から照射された光で、ほくろに影響がある時は、ぱちっとした軽い痛みを感じます。脱毛器から照射される光のパワーは強弱を調整することができますので、ほくろがある部位には、最初は弱い照射パワーで照射してみて、影響があるかどうか探るということも行われます。


基本的に大きな心配はありません

ほくろが多くても、基本的に、それほど大きな心配は要りません。全身どこかにはほくろがある人は多いものですから、脱毛サロン側でも対応は心得ています。


ラヴォーグのような全身脱毛サロンは、最初に必ず無料カウンセリングがありますので、ほくろが多いかも?と気になっている人は、無料カウンセリングの時に相談してみると良いでしょう。


一点だけ注意点があるとすれば、特に照射パワーが強い場合、ほくろの大きさによっては、脱毛器からの光を照射した後に消えてしまうことがあります。医療脱毛のレーザー脱毛器だと、ほくろが消えることが多いですが、光脱毛の場合は判断ラインが微妙です。


ケースとしては少ないかも知れませんが、「このほくろは残しておきたい」などという希望がある場合には、担当のエステティシャンに率直に相談してみると良いでしょう。


全身脱毛サロン『ラヴォーグ』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報、新店舗情報なども順次追加しています!