埋没毛への対処法

埋没毛には要注意!

埋没毛


埋没毛とは、ムダ毛が皮膚の表面に現れずに、皮膚の下にもぐりこんでいる状態のことを指します。埋没毛を一度発生してしまうと、ムダ毛に触ることが出来なくなってしまうため、基本的に自己処理することが出来なくなってしまいます。


切開して除去する方法もありますが、衛生面を考えると自己処理で行うのは難しく、どうしようもなく脱毛サロンに行く・・ というケースは少なくありません。埋没毛は、ムダ毛のトラブルのなかでも、最も深刻なもののひとつです。


埋没毛ができる原因

埋没毛ができる原因は、ムダ毛の自己処理時に毛穴を傷つけてしまうことで、かさぶたが出来たり、角質で塞がったりなどして、ムダ毛の出口が無くなってしまうことです。


自己処理しただけでは、毛根の発毛能力はまだ活きていますので、毛は成長するけれど、出口(毛穴)が無い。そこで、皮膚の中の隙間をさがして、そこに伸びて行ってしまうのです。


自己処理時のトラブル

埋没毛ができやすい自己処理としては、カミソリで強く剃ってしまうこと、それから毛抜きの使用です。毛抜きで自己処理する時の注意点でも説明しましたが、毛抜きを使った自己処理は、最も埋没毛ができやすい自己処理方法ですので気を付けましょう。


カミソリも強く剃ったり、ムダ毛の流れに逆らって剃るのは危険です。事前準備と事後のケアもしっかり行ったうえで、優しく剃るように心がけましょう。カミソリを使うときの注意点などを参考にしてください。


出来てしまった埋没毛への対処法

もし埋没毛ができてしまったら、自己処理で取り除くのであれば、まずはムダ毛が肌の表面に現れる状態にしなくてはなりません。風呂上がりにガーゼでこする、あかすりなどで肌の角栓を取り除いて様子を見てみる、などでムダ毛が表面に出てくることもあります。


毛抜きでほじくりだすとか、肌を切って(切開して)埋没毛を取り出す人もいるようですが、衛生面を考えるとおすすめは出来ません。もし、埋没毛が広い範囲にできてしまっているようなら、迷わず脱毛サロンに相談すると良いと思います。


脱毛サロンでの施術

脱毛サロンでの施術は埋没毛にも有効です。光脱毛の熱は、埋没毛にも作用しますので、埋没毛の毛根にもダメージを与えることが出来ます。埋没毛は皮膚の中に放置されていると、分解して身体の中に取り込まれます。


見た目としては消えてなくなるということですが、場合によってはムダ毛のメラニンが残り、色素沈着を起こしてしまう場合もあります。やはり埋没毛は発生させないのが一番重要、ということですね。

 

全身脱毛サロン『ラヴォーグ』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報、新店舗情報なども順次追加しています!