紫外線から目を守ってくれる『ルテイン』

目の紫外線対策ができる『ルテイン』

目の紫外線対策ができる『ルテイン』

脱毛サロンに通っている間は、紫外線対策には十分気を付ける。これは脱毛の基本です。

 

紫外線対策は肌だけでなく、目の保護もしっかり行うことが大切です。当サイトでも、サングラスで日焼け予防などをご紹介してきましたが、これまで目を紫外線から守るためには、サングラスなどをかけないと難しい事情がありました。

 

ところが最近、『ルテイン』という目を保護する成分を含んだサプリメントが人気を集めるようになってきています。

 

ルテインは元々人間の身体に存在する物質で、特に眼底の網膜の中心部、黄斑部(おうはんぶ)や水晶体に多く存在して、目を守る働きをしています。ルテインは、人間の体内で、自然のサングラスともいうべき役割を果たしているんです。

 

特に近年は、紫外線だけでなく、スマートフォンやパソコンのディスプレイ、テレビなどから発せられる有害な青色の光「ブルーライト」を防ぐ効果でも注目されています。

 

ルテインが目に効く原理

ルテインが目に効く原理

ルテインが目に効くのは、紫外線やブルーライトのような高エネルギーの光を吸収することで、紫外線などの影響で発生してしまう活性酸素を消去してくれるためです。

 

紫外線の影響などで発生する活性酸素は、網膜を変性させて、白内障などの目の病気の原因となってしまいます。

 

ルテインによって活性酸素を効果的に取り除いていくことは、目の健康を維持するために非常に重要なんです。

 

ところが、目の健康のためにとても大切な物質であるルテインは人間の体内では合成することが出来ないという問題があります。食事などで、絶えず補充して行く必要があるんですね。

 

ルテインの1日の摂取量は、6mg以上が推奨されていますが、食事だけで補うのはなかなか難しい状況があります。例えば、ルテイン6mgを人参だけで補おうとすると、1日10本以上食べる必要があるんです。

 

このため、最近ではルテインを配合したサプリメントが販売されて、人気を集めています。

 

ルテインの効果的な摂取方法

ルテインの効果的な摂取方法

ルテインは、食品としては緑黄色野菜に多く含まれています。具体的には、カボチャやインゲン、ブロッコリー、グリーンピース、ほうれん草、ケールなどがあげられます。

 

例えば、ホウレン草100gには、10mg以上のルテインが含まれています。これなら1日の摂取推奨量6mgはクリアできそうですね!

 

ただし、先ほどのニンジンの例のように、野菜の種類によってはなかなか難しいものもあります。

 

野菜100gあたりのルテイン含有量について、一覧表を作成してみました。

ケール 21.90mg
ほうれん草 10.20mg
ブロッコリー 1.90mg
葉レタス 1.80mg
グリーンピース 1.70mg
芽キャベツ 1.30mg
夏カボチャ 1.20mg
トウモロコシ 0.78mg
緑豆 0.74mg

 

サプリメントも併用してルテインを効果的に摂取

脱毛して肌への紫外線を気にしているなら、ぜひ目に入る紫外線についても意識してみましょう!

 

そのためにはルテインを効果的に摂取することが重要ですが、食事だけで摂るのは難しい場合もあります。そういう場合は、ルテインを配合したサプリメントなどを飲むことも考えてみると良いです。

 

肌だけでなく、目に入ってくる紫外線についてもしっかり対策して、快適な脱毛ライフを送ってくださいね!

 

全身脱毛サロン『ラヴォーグ』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報、新店舗情報なども順次追加しています!