足の脱毛

足の脱毛の注意点

足の脱毛


足(脚)のムダ毛は気になるものですよね。目に見える部位にあるし、毛質も太くて目立ちやすく、定期的な自己処理が欠かせない人も多いでしょう。ワキ脱毛のように、ほとんど身だしなみの義務としてやらなくてはならない部位ではないけれど、放っておくわけにもいかないですよね。


足(脚)のムダ毛を何とかしたい、ということが脱毛サロンに通う動機になったという人も少なくないと思います。そんな気になる足(脚)の脱毛について、まとめてみました。


そもそも面積が広い

足(脚)の脱毛がやっかいなのは、そもそも面積が広いということです。人間の身体は、ざっくりいうと体の下半分は足ですから、ムダ毛の処理をするにしてもかなり広い部位であることがわかりますよね。


自己処理するにしても、脱毛ワックスなども多い量が必要になってきますし、時間もかかります。間違った自己処理をしてしまうと、痛めてしまう肌の面積も多くなってしまいます。面積が広い、処理しなければいけないムダ毛の量が多いというのが、ひとつ根本的な問題としてあります。


紫外線の影響を受けやすい

足(脚)は、とくに夏など気温が高い時期には肌を露出することも多く、紫外線の影響を受けやすい部位でもあります。上半身が日除けの役割を果たしてくれますので、恒常的な日焼けは腕よりは軽度だと思いますが、それでも身体の他の部位と比べると、紫外線の影響は無視できません。


また、女性はスカートを着用することが一般的になっていますので、そもそも足(脚)の肌の露出は、四季を問わず男性よりも多いという側面もあります。これは、それだけ足(脚)が見られる機会も多いということを意味しますから、それだけ足(脚)のムダ毛の問題は深刻なわけです。


足(脚)のムダ毛の自己処理

自己処理で一番簡単なのはカミソリですが、広い面積の肌を痛めてしまう可能性があることから、できるだけ電気シェーバーを使った方が良いでしょう。カミソリ、電気シェーバーは、ムダ毛を途中でカットするということですから、断面が見えてしまいムダ毛が太くなったように見えてしまうという影響もあります。この辺りは、ムダ毛を剃ると濃くなるの?というところでご説明した通りです。


足(脚)のムダ毛の自己処理は、処理しなければならない面積も広いことから、できるだけ簡単に済ませたいという気持ちにもなります。そこで、脱毛ワックスなどが人気を集めているのですが、結局のところ、一気に大きな面積で毛抜きをするということですから、毛穴周辺だけでなく、はがすという行為が広い部分の幅を痛めてしまいます。


時間が無いけど、どうしても処理しなくてはならない場合など、脱毛ワックスで処理しなくてはならない時もあると思いますが、ワックスを使うときの注意点などを参考にできるだけ肌に負担をかけずに自己処理するようにしてください。


足(脚)の脱毛こそ脱毛サロンで

足(脚)の脱毛は、部位としても大きく、自己処理の負担も多いものです。足(脚)の脱毛こそ専門の脱毛サロンで処理することをおすすめしたい部位です。全身脱毛エステサロンでも、施術しなければならない範囲が広いため、数度の施術が必要になってくると思いますが、それだけの価値は十分にあると思います。


ラヴォーグは全身脱毛エステサロンですので、足(脚)の脱毛も当然、施術対象の部位に含まれています。足(脚)の脱毛は、ワキと並んで、脱毛施術を受けるメリットがもっとも高い部位の一つです。ぜひ検討してみてください。