脱毛に関する医師法

脱毛に関する医師法について

医師法の規定

脱毛に関しての法的な枠組みとしては、厚生労働省より「医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて(平成13年11月8日医政医発第105号厚生労働省通知)」が通達されています。

医師法のポイント

医師法のポイントは2点です。

毛乳頭を破壊する行為を行えるのは医師免許を持つ者のみ

具体的には、毛乳頭を破壊するほど十分強力なレーザー光を用いて施術を行える者は医師免許を持つ者のみ、ということです。医療脱毛との違いを説明のところでご説明した医療脱毛はこの区分に該当します。

光脱毛を行う脱毛サロンは、より弱い照射パワーの機器を使用しています

光脱毛を行う脱毛サロンは、医療脱毛には該当しない、毛乳頭を破壊するほど強くはない照射パワーの脱毛器を用いることで、医師法の規定をクリアしています。

医療脱毛と脱毛サロン、両方の長所・短所を理解することが重要

医師法の規定によって、脱毛器の照射パワーの違いがあることと、それによって、医療脱毛と脱毛サロン、双方に長所・短所があることを理解することが重要です。

医療脱毛の長所・短所

(長所)脱毛器の照射パワーが強く、施術期間はより短くすることができる。医師の常駐が必要なので安全性も高い。
(短所)脱毛器の照射パワーが強いため、痛みはある。結果的に、費用がかなり高くなってしまう。

脱毛サロンの長所・短所

(長所)脱毛器の照射パワーが弱いため、痛みが少ない。医師の常駐が必要ないため、安価にサービスを提供できる。
(短所)脱毛器の照射パワーが弱く、施術期間はより長くなる場合がある。安全性は各サロンの対応による。

 

全身脱毛サロン『ラヴォーグ』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報、新店舗情報なども順次追加しています!