どのぐらいから毛深いと言うの?

自分は毛深いのではと迷ったら

ジャングル

問題は毛の量よりも硬毛化

自分は毛深いのでは?と思うけど、実際のところどうなのか良くわからない・・ という方もいると思います。最低限のムダ毛ケアはみんな行っているので、見た目で比較するのも難しく、どのぐらいから毛深いというのかはなかなか分かりにくいですよね。


実際のところ「毛深い」という場合に、体毛の量が増えているということではなく、体毛が軟毛(なんもう)から硬毛(こうもう)に変化していることが原因になっている場合が多いです。硬毛は字の通り、硬くて色素を多く含んでいるため、見た目の量が増えているように感じてしまうというわけです。これは多毛症とよばれる現象です。


多毛症の原因は何か

多毛症の原因は、ホルモンバランスが崩れて、男性ホルモンが過剰の状態になってしまうことです。女性の場合は、男性ホルモンは卵巣と副腎でつくられます。男性ホルモン自体は、女性であっても必要不可欠なものですが、卵巣または副腎に異常があると、男性ホルモン過剰の状態になってしまいます。女性の多毛症の原因として、身体の疾患によるものとしては、卵巣疾患が最も多いようです。


副腎に異常が起きる場合は、薬剤の影響であることが考えられます。副腎皮質ステロイド薬などが多毛症の原因となることが知られています。ステロイド外用薬を用いた際にも、外用した部位が多毛になってしまうなどの影響が現れることがあります。


そのほかの影響

多毛症はホルモンバランスが崩れることにより発症するものですが、男性ホルモン過剰となることにより影響を受けるのは体毛だけではありません。月経異常とか、声が低くなるなどの症状も現れます。卵巣の異常、とくに多嚢胞性卵巣症候群では、肥満の症状を伴うこともあります。

多毛症かどうかは血液検査によって分かります。身体の疾患、病気となりますので、健康保険を適用した治療が可能です。ただし、多毛症は外見的にも明らかに分かるものですので、一般的に「毛深いのでは?」と思っているという程度では個人差の範囲に収まっていることが多いです。


自分が毛深いのでは?と思っている方は、無料カウンセリングのときに、率直に相談してみると良いと思います。カウンセラーは何十人、何百人の脱毛を行ってきていますので、自分がどの程度の状態なのか、的確な助言が得られると思いますよ。