家庭用脱毛器 脱毛サロン 比較

家庭用脱毛器と全身脱毛エステサロンの比較

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器という選択肢はアリ?

全身脱毛を考える際の選択肢として、家庭用脱毛器を購入して自分で処理してみようかな? と考える方もいると思います。美容家電のなかでも家庭用脱毛器は人気商品のひとつになっていますし、広告を見たことがあるという人も多いのでは。でも実際のところ、家庭用脱毛器で全身脱毛できるものなのでしょうか?


家庭用脱毛器の定番は『ケノン』

家庭用脱毛器で有名な定番商品として『ケノン』があります。楽天などの家庭用脱毛器ランキングでも常時1位になっていますので、ほぼ『ケノン』が定番アイテムになっていると考えて良いでしょう。ですので、『ケノン』ラヴォーグ(La・Vogue)などの全身脱毛エステサロンとの比較をしてみましょう。


家庭用脱毛器の弱点は見えない箇所とVIO

まず家庭用脱毛器で毛が抜けないとか、そういうことはありません。光脱毛の原理自体は同じですし、照射パワーの調整などが自己判断になってしまうところはありますが、『ケノン』を買ってみて、抜けない、ということは無いでしょう。でも、問題が無いわけではありません。


見えない箇所の処理は難しい

身体の柔らかさなどは個人差がありますので、「不可能」とは言いませんが、首筋(うなじ)や背中など自分で見ることが出来ない部分の処理には限界があります。

Iライン、Oラインの処理はNG

Iライン、Oラインの処理は避けるように『ケノン』の説明書にも記載があります。こちらも自分では見えにくいということもありますが、デリケートゾーンを自己処理する危険性の問題もあるでしょう。


価格メリットは微妙

『ケノン』の定価は98,000円ですが、自際の販売価格は7万円程度が多いようです。ラヴォーグ(La・Vogue)の月額で考えると、約1年半分と考えるとちょっと微妙ですね。


また、『ケノン』はカートリッジは消耗品となりますので、照射回数が切れたら追加購入する必要があります。ちなみにカートリッジの寿命は、レベル1使用で5万発照射。実際にはレベル1だと照射レベルが弱すぎて実用にならず、レベル10照射で換算する必要があると言われています。レベル10使用だと1万発照射が最大値となります。ちなみにカートリッジ価格は、エクストララージが9,800円、ラージが7,700円です。


やはり全身脱毛エステサロンに通うのがオススメ

総合的に考えると、ラヴォーグ(La・Vogue)のような全身脱毛エステサロンに通うことをオススメします。理由をまとめてみました。


家庭用脱毛器では処理しにくい、処理できない部位がある

自分の目で直接見ることが出来ない部位の処理は難しく、また、公式には使用NGとなっている部位(Iライン、Oライン)もあります。

家庭用脱毛器で全身脱毛を行うのは一人では無理

全身脱毛を一人でやり切るには正直無理があり、自分で対応できない部位を照射してくれる友人などのパートナーが必要となってきます。

価格差がものすごく大きいわけでは無い

ラヴォーグ(La・Vogue)のようなコストパフォーマンスに優れた全身脱毛エステサロンを選ぶことで価格差はかなり縮小しますし、初期費用面(最初にかかるお金)では、むしろ全身脱毛エステサロンの方が有利です。