意外な盲点?かかとのケア

キレイな脚の意外な盲点『かかと』

heel

かかとのトラブルに悩む女性は意外に多い

しっかり脱毛したキレイな脚を見せたい!と思っていても、『かかと』のトラブルに悩む女性は意外に多いようです。株式会社イシュアが、全国の20代〜30代の女性400名を対象に「フットケアに関する意識調査」を実施した結果が公開されました。(出典:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000020382.html)


20-30代女性の2人に1人がかかとのトラブル、足元・足裏の乾燥に悩んでいながら、最もケアをしていない部位であることが明らかになったということなのです。気になる調査内容を見てみましょう。


悩んでいるけどケアしていない状況

夏に足元(かかと・足裏)の乾燥に悩まされたことはありますか?という質問に対して、20代・30代女性の約半数、51.3%が「はい」と回答している状況です。年代だけでなく、デスクワークと立ち仕事に従事する人で分けた場合でも、悩みを抱える人はデスクワークが54.5%、立ち仕事が48.0%という結果となり、働き方を問わず起こりうるトラブルでもあるようです。



では、そんな女性の足元のケア状況ですが、20代の女性で「足元(かかと・足裏)」をケアしているという回答は、20〜24歳が14.3%、25〜29歳が16.9%という回答。「わき」や「Vライン」、「二の腕」など他の部位と比較して大差をつけて最下位という結果になっています。



露出が増える夏に意識がどの程度変わるのかを調べるために、「露出の増える夏になると特にケアしているパーツはどこですか」という質問もしたところ、「足元(かかと・足裏)」をケアしているという女性は20〜24歳が14.3%、25〜29歳が14.6%との結果でほとんど変わらない状況が。20代女性の『かかとケア意識』の低さがあらためて見えてきたということです。



かかとのトラブルの原因は認識しているけれど・・

では、そんな足元(かかと・足裏)の乾燥の原因は何だと考えていますか?という質問には、20〜24歳では「サンダルによってこすれる」が58.8%と過半数を占めている状況。一方、30代女性は、かかとの乾燥の原因は約半数の女性が「年齢とともに代謝が低下すること」と考えているようです。原因は認識しているのですね。



そして、同性の足元(かかと・足裏)の状態をチェックしてしまうことがありますか?という質問に対しては、「チェックすることはない」という回答はわずか30.5%にとどまり、多くの女性が同性の足元をチェックする目は厳しい・・という現実も明らかになったということです。



さらに、女性の足元を見てがっかりした経験がありますか?という過去の調査結果も合わせて示されています。男女210人に対する調査の結果、半数以上の56.7%が「がっかりしたことがある」という回答です。ちょっと、衝撃ですね・・



他人の目はキビシイ

自分でもちょっと足元(かかと・足裏)の状態は気にしていて、原因もなんとなくわかっているけど、ケアは特にしていない。それでも他人の状況は気になる、という結果が見えてきた、足元(かかと・足裏)のケア。


脱毛してムダ毛はしっかり処理しているけれど、足元を見たら残念・・ ということになってしまわないように、ぜひ『かかとケア』にも気を付けてみてくださいね。