ラヴォーグ

脱毛している時は花粉症に注意

脱毛と花粉症


花粉症は悩ましいものですが、脱毛をしている時はとくに注意が必要です。花粉症によって引き起される、くしゃみとか鼻水が止まらず、ティッシュを使い過ぎて肌が荒れてしまったという経験があるひとは少なくないでしょう。


これまで花粉症といえば、春におこるスギ花粉症で悩む人がおおかったのですが、最近では「秋の花粉症」に悩む人も増えてきています。ニュースでも取り上げられることが増えてきていますので、気になっている人も多いでしょう。


秋の花粉症の原因

秋の花粉症は、イネ科やキク科などの草本とよばれる雑草によって引き起こされると言われています。具体的には、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギによる花粉症が起こることが分かっていますが、こうした植物は、土手、公園、道ばた、ゴルフ場と、どこにでも生えている植物です。


春の花粉症は、スギ花粉が広範囲に飛散することで発生しますが、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギなどの植物は花粉の飛散範囲ははるかに狭くなります。関東地方ならこういう傾向とか、九州ならこういう傾向とか、そういうことではなく「この公園」など、発生源が非常に限定されるのです。


花粉症の影響

花粉症の影響はさまざまで、なかには頭痛などの症状に悩まされる人もいます。脱毛との関係で考えると、くしゃみとか鼻水が止まらずに、ティッシュを使い過ぎて肌が荒れてしまうことが最も直接的な影響になります。


全身脱毛のなかでも、顔の脱毛は人気部位のひとつですが、肌が荒れていると、場合によっては脱毛施術そのものができなくなってしまいます。


秋の花粉症の注意点

春に花粉症の症状がでる人は、十分注意する必要があります。イネ科、キク科の草は、川沿いに生えることが多く、ジョギングやサイクリング、飼っている犬の散歩などで、川沿いの道を移動するときには注意をした方が良いです。自宅の窓でも川に向かって開いている窓は開けないようにするなどの注意をした方が良いでしょう。


もし、鼻がムズムズするなどの異常を感じたら、すぐにマスクを着用するなどの対策をとりましょう。秋にも花粉症が出るという自覚症状があれば、春の花粉症と同じで、通勤中などもマスクを着用するなどの対策を取った方が良いです。


しっかり対策して快適な秋を

春のスギ花粉症と違って、秋の花粉症は発生する場所が限定的です。ということは、出かけた先などで、突発的に症状が出ることもあるということです。紅葉を見に出かけたり、秋の行楽は楽しみなものですが、しっかり対策は準備して出かけるようにしてください。


もし秋の花粉症の症状が出てしまったら、マスクを着用したり、保湿ティッシュを使ったりして、肌荒れをできるだけ抑えるように注意してくださいね。顔に肌あればできると、脱毛だけでなく、美容全般に大きな影響を与えてしまいます。秋の花粉症には十分注意をして、快適な秋を過ごしてくださいね。