毛嚢炎のリスク

毛嚢炎のリスクについて

毛嚢炎のリスク

毛嚢炎とはどういう症状か

毛嚢炎(もうのうえん)は、細菌感染症の一種です。見た目の症状としては、毛穴の周囲が赤くなったり、白ニキビのような状態になったりします。一言でいえば毛穴の炎症ということで、脱毛との関わり以外では、糖尿病を持つ人に多く発生することが知られています。


毛嚢炎の原因は、一般的には、黄色ブドウ球菌が、皮膚のひっかき傷とか刺し傷から侵入することで引き起こされることが多いとされています。まれに、殺菌処理が不十分な状態の浴槽に入ることで発症してしまうこともあります。


脱毛の際の毛嚢炎

じつは毛穴には多くの雑菌が繁殖しているのですが、肌にもともと存在する常在菌がその侵入を防ぐバリアの役目を果たしています。ところが、脱毛施術を行い、光を照射するとその熱で、ムダ毛が生える機能を抑えるだけでなく、バリアである常在菌の働きも一時的に弱めてしまいます。


このバリア機能が弱まっているタイミングで、ざまざまな理由で雑菌の侵入を許してしまうと、毛嚢炎が発症してしまうことがあるのです。脱毛施術を行うと、一時的には肌はデリケートな状態になっていますので、肌を清潔に保つのが一番の予防対策となります。


脱毛している間は正しく肌をケアしましょう

毛嚢炎を防ぐためのケアは特別なものではなく、肌を健康に保つ方法と同じです。肌を清潔に保つこと、保湿をしっかり行うこと、日焼け止め対策を行うこと、などが中心となってきます。


心配し過ぎる必要はありませんが、脱毛施術を受けた後の肌はデリケートになっているものです。また、脱毛施術が完了するまではムダ毛の自己処理も行うことになります。カミソリを使うときの注意点などを参考に、なるべく肌に負担をかけない自己処理を心がけましょう。


脱毛施術を受けている間に、万一、毛嚢炎になってしまったら、自己ケアとともに担当のエステティシャンにもしっかり相談すると良いでしょう。美容のプロフェッショナルからの意見は、とても参考になると思いますよ。


全身脱毛サロン『ラヴォーグ』について紹介しています。
格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。
新店舗情報なども順次追加しています!