脱毛機の性能について

光脱毛機とレーザー脱毛機の性能の違い

脱毛機の性能の違い

ラヴォーグのような全身脱毛サロンでも、医療脱毛クリニックでも、実際の脱毛効果は脱毛機によってもたらされるものですから、脱毛機の性能の違いは重要です。


脱毛サロンで使われる光脱毛機と、医療脱毛で使われるレーザー脱毛機は、形はとても良く似ていて、機能もよく似ています。光を照射して脱毛施術を行うことは同じだからです。


外見からは良く分からない脱毛機の性能の違いについて、まとめてみました。


光脱毛機の特徴

Silky Light2

光脱毛で用いられる脱毛機を、光脱毛機と呼びます。ここでは、日本の株式会社トマトInc.が製造販売している、「Silky Light2」を例にとりあげて説明します。


Silky Lightシリーズは、光脱毛機の代表的な機種で、日本中の脱毛サロンで使われています。もちろんラヴォーグでもSilky Lightシリーズが採用されています。


光脱毛機は、レーザー脱毛よりも照射する光のパワーが低いです。これは医師法の規定のところでもご説明した通りです。


照射する光のパワーが弱いということは、波長の長さがレーザー脱毛機と比較して短くなるということを意味しています。波長が長い光を照射するには、それだけ脱毛機にもパワーが必要となってきます。


光脱毛機で照射する光の波長は、500nm〜700nm程度です。nmはナノメートルと読み、長さの国際単位で、光の波長や、原子・分子の構造などを表すのに使われます。


一方、照射する光の強さは、J(ジュール)という単位で表されます。Silky Light2の場合で、照射できる光のパワーは、最大6.6J/cm2です。一平方センチあたり6.6Jの力が加わるという意味です。


Silky Light2についての詳しい仕様は、株式会社トマトInc.のサイトから確認することができます。(参考:株式会社トマトInc.「Silky Light2」)


レーザー脱毛機の特徴

メディオスター NeXT Pro

レーザー脱毛で用いられる脱毛機を、レーザー脱毛機と呼びます。ここでは、ドイツのAsclepion社が製造販売している、「メディオスター NeXT Pro」を例に取り上げて説明します。


メディオスター NeXT Proは、世界中の医療脱毛クリニックで使われている代表的なレーザー脱毛機です。日本の医療脱毛クリニックでも数多く採用されています。


レーザー脱毛機は照射する光のパワーが強いため、波長が長い光を照射することができます。メディオスター NeXT Pro場合、800nm以上の長さの波長の光を照射することができます。最もパワーが強い、YAGレーザー脱毛機になると、1000nmを超える長さの波長の光を照射することができます。


照射する光の強さは、メディオスター NeXT Proに標準ハンドピースを装着した状態で、47J/cm2です。光脱毛機のSilky Light2と比較すると、最大で7倍強の強さの光を照射できるわけです。


メディオスター NeXT Proについての詳しい仕様は、Asclepion社のサイトから確認することができます。(参考:Asclepion社「メディオスター NeXT Pro」)


光脱毛機とレーザー脱毛機の効果の違い

こうして性能を数値で見てみると、レーザー脱毛機の性能は、最大パワーという意味では、光脱毛機を大きく上回っていることが分かります。最大パワーの違いは実際の脱毛効果には、どのように表れてくるのでしょうか?


照射パワーが強く、波長の長い光を照射することができると、皮膚のより深い位置まで熱を到達させることができます。一般に、太くしつこいムダ毛ほど毛根部が皮膚の奥にありますが、そうした根深いムダ毛の毛根部にも、レーザー脱毛なら熱を届けることができるのです。ただし、強いパワーで照射すると、痛みも非常に強くなってしまいます。医療脱毛クリニックでは、麻酔を推奨しているところも少なくありません。


その一方で、大多数のムダ毛は浅い位置から生えているもので、光脱毛機で照射できる700nm程度の波長の光でも、十分に熱を届けて脱毛施術することが可能です。痛みが少なくて済むのも大きなメリットです。ただし、一部の根深いムダ毛については何度も照射を繰り返して、徐々に毛の量を減らしていくというアプローチが必要となります。


医療脱毛で使われるレーザー脱毛機も、常時最大パワーで照射しているということではまったくありません。むしろ、多くの場合は、5〜6J/cm2程度の、光脱毛機と同じレベルのパワーの光で脱毛施術を行っています。通常はパワーを抑えて(痛みも抑えて)照射しているけれど、このムダ毛が抜けない、という時にはパワーを上げて対応しているというイメージです。


光脱毛機とレーザー脱毛機の効果の違いをまとめてみました。要約すると、光脱毛機もレーザー脱毛機も、それぞれの特徴を活かしてたアプローチで脱毛施術を行っている、ということになります。


光脱毛機

照射できる光のパワーは低いが、多くのムダ毛の脱毛施術については対応可能なレベルです。このため、光脱毛機でも十分な脱毛効果が得られますし、痛みが少なくて済むというメリットもあります。


その反面、根深いしつこいムダ毛の処理は苦手としていて、何度か脱毛施術を繰り返して徐々にムダ毛を減らしていくというアプローチを取ることが多く見られます。

レーザー脱毛機

照射できる光のパワーは強いですが、強いパワーで照射すると痛みも激しくなってしまうため、常用される光の強さのレベルは、光脱毛機と大きく異なるわけではありません。


いざ必要となれば大出力での照射も可能なので、麻酔などのケアを行ったうえで、根深いムダ毛でも一度の照射で脱毛するというアプローチを取るクリニックもあります。


全身脱毛サロン『ラヴォーグ』について紹介しています。
格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。
新店舗情報なども順次追加しています!