コラーゲンって何?

コラーゲンってそもそも何?

コラーゲン


ラヴォーグはコラーゲン脱毛が採用されていて、美肌効果も高いとしています。コラーゲンは、美容とか健康に関わることではよく聞く言葉ですが、コラーゲンとは何か、正確には分からないという方もいると思います。


そもそもコラーゲンとは何か?どういう働きを持つのか?ちょっと詳しくご説明します。


コラーゲンはタンパク質の一種

コラーゲンはタンパク質の一種です。人間の身体は、体重比でいうと、約60%が水分、約20%がタンパク質、約15%が脂肪で残りがその他の無機質などです。その約20%を占めるタンパク質のうちの、約30%はコラーゲンの類のものとなります。単純計算しても、体重の5〜6%程度はコラーゲンが人体に存在するということなりますね。


コラーゲン役割は幅広く、細胞同士を結び付けて、そのかたちを保ち、細胞組織と外との境界線をつくる働きをしています。これが、肌のハリや弾力を産み出したり、関節をスムーズに動かしたり、血管をしなやかに保つなどの効果となって現れてくるのです。


コラーゲンは特に肌に多く存在する

コラーゲンは全身に存在していますが、多い部位は、肌や骨、血管です。とくにコラーゲンが多く含まれるのが肌、皮膚で、人体にある全コラーゲンの約40%が皮膚にあると言われています。


コラーゲンが多く存在することで、皮膚、肌が柔らかくみずみずしい状況を保つことができるのですが、コラーゲンは年齢とともに固くなってしまい、しなやかさが失われやすいことが知られています。


コラーゲンにはいくつかの種類がある

人体には約30種類のコラーゲンが存在すると言われていますが、アミノ酸のつながり方によって、19の型に分類されています。代表的なものは5つの型になりますので、ご紹介しておきます。


T型 骨、歯、皮膚(真皮)、腱などの主な成分となり、体内で最も量が多いもの
U型 主に関節や軟骨にあり、眼の角膜や硝子体の成分ともなるもの
V型 細い繊維で組織に柔軟性を与え、臓器や皮膚、血管の壁に多く存在するもの
W型 皮膚の表皮と真皮をつなぐ役割を持ち、基底膜に存在するもの
X型 主に血管や平滑筋、胎盤に存在するもの


コラーゲンの補充は重要

年齢とともに失われやすいコラーゲンは、食事やサプリで補うことができます。コラーゲンを多く含む食事というと、すっぽん食などが思いつく人も多いのではないでしょうか。


ラヴォーグなどの脱毛サロンで採用されている光脱毛にはコラーゲンの生成を促す効果があると言われていますが、食事やサプリでもコラーゲンをしっかり補って、美肌を目指してくださいね。