冬の冷え肌対策

冬の冷え肌対策

冬の冷え肌対策


冬の肌対策というと、乾燥肌対策については誰も気にするところですよね。当サイトでも、冬の乾燥肌対策でお伝えしました。その一方で、見逃してしまいがちなのが、肌が冷えてしまうこと。


肌が冷えてしまうことによる影響は実はとても大きいのです。そもそも気温が低下すると、生物の活動は低下するものですし、脱毛していると、ムダ毛の機能の一つである体温の保持も機能低下していることになります。


資生堂から公開された資料をもとに、冬の冷え肌の問題点とその対策について考えていきます。(出典:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000719.000005794.html


冬の肌の悩みは乾燥肌がやはりTOP

乾燥肌の悩みはやはり大きく、年間を通しても最も大きな課題と感じられているようですが、これが冬の時期だと圧倒的な差をつけて1位となっています。これは、一方では、肌が冷えることへの意識が低いということの現れでもあると、レポートされています。



肌が乾燥すると老け顔に?

肌の乾燥や、冷えの問題は、見た目の問題としては、老け顔になってしまうこと。それは実感されているようです。四季の中でも、冬に肌が老けてしまうと感じる人は、66.9%と圧倒的に高く、問題を感じている人はとても多いことが分かります。



肌が冷えることを実感している人は多いが・・

身体が冷える、自分が冷え症だと認識している人は、全年代で過半数を超えていて、平均して約7割の女性が自分が冷え症であることを自覚しているようです。




その一方で、顔が冷えるということに対しての意識は相対的に低いようです。手足だけでなく、顔も冷えていると感じますか?という質問には、よくある10.6%、ときどきある36.9%と、身体全体の「冷え」に対する意識よりも、自覚していない、見過ごしがちであることが見えてくるとしています。



冬の肌冷え対策

乾燥という大問題に隠れて、見逃してしまいがちな、冬の冷え肌対策。肌が冷えると、血管が収縮して、血行が悪くなります。肌へ必要な栄養が行き届かなくなり、これが肌のターンオーバーの低下をもたらしてしまいます。


冬の冷え肌対策は、「血行を良くすること」を意識することが大切です。次のようなことに気を付けて見てください。


食事は昼食をちょっと多めの比率で摂る

全体の食事量は同じとしても、夕食を軽めに、その分、昼食を多めに摂ることを心がけると良いです。夕食を摂りすぎると、消化のために血液が回ってしまい、身体の末端に血液が巡りにくくなってしまいます。


寝る前にストレッチなど軽めの運動をすると良いです

ストレッチ運動は、血行を良くするための定番ですね。筋トレというところまで行ってしまうと、寝付きが悪くなってしまいますので気を付けて下さい。


お風呂はぬるめのお湯に20分ぐらいはつかりましょう

血行を良くするためには身体の深いところまで温めることができるお風呂が一番。38〜40℃くらいのぬるめのお湯に、20分ぐらいゆっくりつかるようにすると良いです。


足がむくんでしまうなら、足を高めにして寝てみましょう

足がむくんで冷えてしまうという場合には、寝るときに足の下にクッションを挟むなどで10cmぐらい高くなるようにすると、むくみと冷えを同時にケアすることができますよ。


身体が冷えてしまうことは、肌の調子にも大きく影響を与えます。とくに顔の肌は、よほどの寒冷地でない限りは、冬の間でもずっと外気にさらされているものです。


血行を良くすることを心がけ、しっかり冷え対策をして、肌のトラブルを防いでくださいね。