バルジ領域って何?

バルジ領域にダメージを与える新しい脱毛方法

バルジ領域

ラヴォーグのような全身脱毛サロンでは、光脱毛が採用されています。光脱毛とかレーザー脱毛は、脱毛原理自体は同じで、毛乳頭の働きにダメージを与えることで脱毛効果をえるものです。


ムダ毛の構造でも説明しましたが、この「毛乳頭にダメージを与える」ということが、脱毛施術の仕組みを理解するうえではとても重要です。


ところが、最近、毛乳頭だけでなく、『バルジ領域』という部分にダメージを与えることでも脱毛効果が得られるという理論がでてきています。


『バルジ領域』にダメージを与える新しい脱毛方法について解説します。


『バルジ領域』は発毛を促す発毛因子を産み出す

『バルジ領域』は、もともとは脱毛症の研究の過程で2000年頃に発見されたものです。


『バルジ領域』は、毛乳頭よりも浅い位置、より皮膚表面に近い位置にある、細胞を作る働きをする幹細胞の一種です。(位置関係を図にしたものを冒頭に示しています)


人間の体毛は、毛母細胞が毛乳頭から栄養を受け取って成長、体毛として成長していくのですが、毛母細胞は何をきっかけに生まれてくるのか、ということに注目したのですね。


研究の結果、『バルジ領域』から作り出される発毛因子をきっかけとして、毛母細胞が生まれてくることが分かりました。


ということは、この『バルジ領域』にダメージを与えることで、体毛の成長をストップさせることができるのではないか、というアイディアが新しい脱毛理論につながっていきました。


『バルジ領域』の特徴

人間の体毛の素になるのは、毛母細胞です。その毛母細胞に栄養を供給しているのが毛乳頭です。そこで、毛乳頭の働きにダメージを与えれば、毛母細胞に栄養が行き渡らなくなり、体毛の成長が止まる、というのがこれまでの脱毛の基本理論です。


これに対して、『バルジ領域』にダメージを与えることができれば、発毛因子が生まれ無くなり、毛母細胞がそもそも生じることが無いだろうという考え方が、新しい理論です。


『バルジ領域』にダメージを与えて脱毛するというアイディアが画期的と思われているのは、『バルジ領域』の次のような特徴によるものです。


『バルジ領域』は毛周期に関係なく存在している

現在の、毛乳頭にダメージを与える脱毛方法では、毛乳頭に熱を伝える必要があるため、ムダ毛が存在している必要があります。このため、「ムダ毛が成長期の状態に無いと脱毛できない」と言われているのです。


これに対して、『バルジ領域』は毛周期に関係なく存在しているものなので、『バルジ領域』に効果的に熱を伝えることができれば、毛周期に関係なく脱毛施術が行えると考えられています。


『バルジ領域』はより低温でダメージを受ける

『バルジ領域』は、毛乳頭よりも低温でダメージを受けます。さらに、『バルジ領域』は、毛乳頭よりも浅い位置にあるため、照射する光のパワーが弱くても脱毛効果を得ることができると考えられています。


照射する光のパワーが低くて済むということは、皮膚への刺激が少ないということにつながり、結果として痛みや肌へのトラブルが大幅に軽減できると期待されています。


『バルジ領域』を狙って脱毛することの課題

現在、『バルジ領域』を狙って脱毛する方法が登場し始めています。SHR脱毛などと呼ばれますが、現時点では、『バルジ領域』に熱を伝えるためにムダ毛のメラニンを介しているという点では、これまでの脱毛方法と変わりがありません。


『バルジ領域』を狙って脱毛するSHR脱毛は、蓄熱式の脱毛とも言われ、比較的低い温度で、何度も対象部位を撫でるように脱毛施術を行っていきます。


SHR脱毛は、痛みや肌のトラブルを軽減できるというメリットはありますが、ムダ毛のメラニンを介して熱を伝える仕組みである以上、まだムダ毛が成長期の状態にある必要があるという従来の毛周期の縛りからは逃れられません。


脱毛技術は日々進歩していますから、近いうちに、ムダ毛のメラニンを介さずとも『バルジ領域』に熱を伝える脱毛方法が開発されるかもしれません。そうなると、いよいよ毛周期の縛りから離れられることになります。


これからの脱毛技術の進歩に期待したいですね♪


全身脱毛サロン『ラヴォーグ』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報、新店舗情報なども順次追加しています!