脱色クリームの効果

脱色クリームの効果とは?

ある意味合理的な脱色クリーム

脱色クリームは、ムダ毛の存在はそのままに、抜くとか溶かすとかではなくて、脱色してしまうことによって目立たなくしようというものです。ムダ毛は無くなりませんので、見た目の効果だけということになりますが、脱毛そのものも見た目のためにやっている、と考えればある意味合理的ともいえると思います。


オキシドールで髪の毛を脱色しようとした中学生の頃を思い出してしまう人もいるかもしれませんね・・


完全に無色になるわけでは無い

脱色クリームを使っても、完全に無色になるわけではありません。ムダ毛の黒い色が、茶色とか金色に近い感じになると思っていれば良いでしょう。色が変わることによる効果は確かにあり、明らかに茶色という段階でも見た目の効果はあります。


手軽に使える反面、デメリットもあります。脱色クリームに含まれる脱色作用を及ぼす成分は基本的に強いので、肌への負担はかなり大きなものとなります。また、脱色クリームを使っても、脱色できるのはすでに生えている部分だけです。日々伸びてくる部分は黒々としている、というツートンカラー的になってしまう問題があります。


脱毛クリームの注意点まとめ

男性用と女性用がある

男性用の方が効果が高く(脱毛成分が強く)、その高い効果を狙って女性でもあえて男性用を使う人もいるようです。ただ、効果が強い分、肌への負担も大きいことには注意しましょう。

毛髪用と体毛用がある

毛髪用の方が効果が高く(脱毛成分が強く)なっています。男性用・女性用とは異なり、ここは出来る限り、体毛用を使うほうが良いようです。

必ずパッチテストをする

肌への負担が大きいため、使用前には必ずパッチテストを行い、自分の肌で問題が出ないことを確かめてから使うようにしましょう。

使用時は目に入らないように気を付ける

刺激が強い物質のため、使用する際には、目に入らないように十分注意しましょう。最悪、失明してしまう危険性もあるということです。

余談ですが、オキシドールでも脱色自体は可能で、しかも薬剤の価格が数百円と非常に安いのですが、やけどの危険性があるなど明らかに肌への負担が過大なので、脱色目的で個人でオキシドールを使うことは避けた方が良いでしょう。


あくまで緊急避難用のアイテムとして

脱色クリームは、多くの脱毛アイテム同様、根本的な体毛の除去にはつながらないものですので、あくまでも緊急避難用のアイテムと考えておいた方が良いでしょう。明日、ムダ毛が目立たない状態にする必要がある!というような時に使うアイテムということですね。


脱毛効果の永続性とか、肌への負担、つまり美容のことを考えると、やはりラヴォーグのような専門の脱毛サロンに通うことがベストです。ケア用品の代金と処理時間を考えた場合、とくにラヴォーグのように月額3,200円というリーズナブルな料金設定の脱毛サロンの場合は、十分お得な選択肢になると思います。

 

全身脱毛サロン『ラヴォーグ』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報、新店舗情報なども順次追加しています!