アトピーでも脱毛できるの?

アトピーでも脱毛できるの?

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー反応と関連がある症状のなかで、湿疹など皮膚の炎症を伴うものです。アトピー性皮膚炎は英語で atopic dermatitis ですが、このアトピー(atopic) は、「特定されていない」という意味のギリシャ語 atopos から由来しているものです。


名前の由来の通り、まだ原因が解明されていません。かゆみを伴う湿疹が、患者にとってはとても辛いもので、現在世界中で解明のための研究が行われています。現時点では、遺伝的要因、栄養要因、環境要因など、さまざまな仮説が立てられて、それぞれ研究が進んでいます。(出典:Wikipedia アトピー性皮膚炎


アトピーの人でもムダ毛はもちろん生えてきますし、女性ならそのムダ毛を処理したいと思うのは自然なことです。レーザー脱毛や光脱毛は、肌に疾患があると施術が難しいことがあると言われますが、アトピーの人は脱毛施術を受けられるのでしょうか?


アトピーの症状の度合いによる

アトピー肌の人の場合、脱毛施術が受けられるかどうかは、症状の度合いによります。脱毛サロンの脱毛機も進化してきていて、年を追うごとに肌に優しい施術ができるようになってきています。


アトピー肌の症状が重度で無ければ、施術を行ってくれる脱毛サロンが多いようです。脱毛施術は熱が肌に負担をかけてしまうものですので、肌に色素沈着が起きていたり、出血を伴うほど肌が傷ついている場合には注意が必要です。


全体の傾向としては、軽度であれば問題なく脱毛施術を行ってくれる場合が多く、症状が重くなり肌への影響が深刻になる場合は、脱毛サロン側と要相談となってきます。


まずは脱毛サロンに相談してみましょう

アトピー肌の人は、思い切って脱毛サロンに相談してみることがおすすめです。光を実際に肌に照射してみるパッチテストとか、実際に自分の肌を見てもらうことで、より正確な判断が下せるようになります。


また、アトピー肌の人は、皮膚科に通院していることも多いでしょう。かかりつけの皮膚科の医師に相談してみても良いでしょう。とくに、ステロイド剤などの薬が処方されている場合には、それを把握して、脱毛サロンとの相談の際にも、内服薬として伝えておいた方が良いですよ。


ムダ毛の自己処理の方が肌に良くないことも多いです

アトピーなど、肌に問題がある場合は、ムダ毛の自己処理が、肌をさらに傷めてしまうということにもなり得ます。お肌に問題があるからこそ、脱毛施術を受けて、長期的な肌の負担を減らした方が良いという考え方もあるということです。


肌にトラブルを抱えているのに、毛抜きやカミソリでさらに負担をかけてしまうのは、基本的には好ましくありません。脱欧施術を受けることが、肌の状態を改善することにつながる可能性もあるわけで、むしろ積極的に脱毛施術を考えてみることも選択肢の一つです。


いずれにしても、まずは脱毛サロン側と十分相談してみることをおすすめします。自分の悩みや気がかりになっていることを率直に伝えると、適切な助言がもらえると思います。