腕の脱毛

腕の脱毛についての注意点

腕の脱毛


腕の脱毛について気にする人は多いと思います。腕は、普段の生活の中で、自分の視界に入ってくる部位となりますし、他の人の目にも触れやすい部位です。夏だけではなくて、空調が整っているオフィス内などでは、秋冬でも腕を見せる、見えてしまうという機会も少なくないでしょう。


腕の脱毛を考えるときに、注意する点についてまとめてみました。


日焼けの状態に注意

腕は自己処理することも比較的簡単にできるので、まずは自己処理から、と考えているひとも多いのでは。でも、日焼けの状態には気を付けてください。腕は、身体のなかでも、もっとも日焼けしやすい部位の一つです。


顔なら帽子もあるし、化粧品でのガードも重点的に行うところ。身体は衣服で隠すことが出来ますし、脚も身体の陰になりますし、そもそもパンツスタイルなら覆い隠すことも可能です。でも、腕はなかなかそういうわけには行きません。


常時長袖を着用すればだいぶ日焼けを抑えることはできますが、夏の一番暑い時期に長袖で通すのも辛いですよね。ワキ汗とかを考えると、腕だけは露出させてしまうことは多いものです。もちろん日焼止めでガードしていても、どうしてもある程度の日焼けは避けられません。


腕は、自己処理は比較的簡単にできる部位ですが、日焼けによって肌がダメージを受けているということは十分配慮するようにしましょう。


腕のムダ毛の自己処理

腕のムダ毛の処理、自己処理を行う方法はたくさんあります。当サイトでも紹介している脱毛方法は一通り実施することはできるでしょう。それでも、肌のケアというところは十分考えてください。


腕の肌はダメージを受けていることも多いもの。できれば、電気シェーバーを軽く当てていくのが良いでしょう。電気シェーバーだと刃が直接肌に触れずに済みますので、肌へのダメージは抑えることがd系ます。


カミソリとか脱毛ワックスだと、肌に直接負担をかけてしまいますので、できるだけ電気シェーバーが良いでしょう。


毛孔性苔癬がある人は要注意

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)は、肌の表面に現れる細かくプツプツとしたできもののことで、角質が毛穴に沈着して角栓となり、その角栓の先端部が表皮に現れたものです。いわゆる「二の腕のぶつぶつ」とか言われるものですね。


毛孔性苔癬の対処法でもお伝えしましたが、保湿には十分に気をつけて、自己処理のときにも十分注意してください。日頃の紫外線対策も重要になってきます。


腕の脱毛はやはり脱毛サロンで

簡単なように見えて、意外に注意しなくてはならない、腕の脱毛。できれば専門の脱毛サロンで、脱毛施術を受けることがベストです。


ラヴォーグのような全身脱毛エステサロンでは、当然施術対象の部位に含まれていますし、何かトラブルがあれば担当のエステティシャンに相談することもできます。自己処理しやすいということは、人の目につきやすいということでもあります。脱毛サロンでしっかり対策することをおすすめします。