脱毛してからの脇汗が気になるなら

脱毛してから脇汗が増えたと感じた時の対処方法

脱毛してから脇汗が増えたと感じた時の対処方法

ラヴォーグのような全身脱毛サロンで、脱毛施術を受けた後に、汗をかきやすくなったと感じる人がいます。特に気になるのがワキ汗です。

 

もちろん発汗量が増えたというのは誤解で、脱毛と発汗の関係でもご説明しましたが、脱毛したからと言って汗をかく量に変化があるわけではありません。光脱毛とか、レーザー脱毛の脱毛施術が汗腺に影響を与えることは無いんです。

 

結局のところ、汗がワキ毛を伝わる途中で蒸発していたものが、脱毛することでムダ毛(腋毛)が無くなってしまい、汗がダイレクトに肌に触れるために『脇汗が増えた?』と感じてしまうんですね。

 

理屈は分かるけど、不快に感じるのも事実。どうにかしたいんです!という人も多いですよね。そのような時のための、脇汗対策をまとめてみました。

 

脇汗に効く食事対策

脇汗が多く出てしまう原因を、食生活の面から見てみると、次のような理由があげられます。要するに、脇汗を抑えるためには、刺激の強いものは控えた方が良いということですね。

 

・カフェインやニコチンの摂り過ぎ
・味の濃い食事の摂り過ぎ

 

逆に脇汗を効果的に抑えてくれるのは、イソフラボンを多く含んだ食品です。 イソフラボンの効果でもご説明しましたが、イソフラボンは交感神経を抑制し、副交感神経を刺激するために、結果的に発汗を抑えてくれるんです。

 

イソフラボン、ここでも大活躍ですね!イフフラボンは、大豆を多く含んだ食品に豊富に含まれていますので、豆乳や豆腐、納豆、もやしなどが効果的です。

 

イソフラボン以外にも、大葉やアボカド、山芋、ペパーミント、緑黄色野菜全般も汗を抑えるのに有効な食品です。身体に良い食品を摂ると、悪い汗はかかなくて済むんです。

 

脇汗に効くツボ

脇汗に効くツボ

和服の着付けを習ったことがある人は聞いたことがあるかも知れませんが、脇汗を抑えるツボがあると言われています。

 

ひとつは、屋翳(おくえい)で、乳首の3cm〜5cm(指2〜3本分)ほど上の場所のツボです。

 

もうひとつは、大包(だいほう)で腋の下あたりのツボです。

 

この二つのツボを押すと上半身の汗を抑える効果があるとされ、着物を着る舞妓さんなどは帯で脇の下の胴回りを強く締めるので、ちょうどこの二つのツボを同時に押したような状態になっているために着物が暑くても脇汗をかかないで済むのだそうです。

 

これは半側発汗(はんそくはっかん)という反射作用の一種でもあり、人体の左右上下のいずれかを圧迫すると、半側で発汗し、その反対側の発汗を抑えるいう皮膚圧発汗反射の現象として科学的にも説明が付く現象なんです。

 

芸者さんが帯を高い位置で結ぶことで上半身の発汗を抑えるのは、「芸者の高帯」として古くから知られている日常の知恵なんです。

 

最新の制汗剤を使う

最新の制汗剤

最も確実に脇汗を止めたいなら、最新の制汗剤を使う方法がおススメです。

 

制汗剤と言っても、ドラッグストアで売っている、8x4やBanでは効果は限られます。スプレー式の制汗剤は、一時的な効果しかありません。

 

主に海外で販売されている制汗剤の中には、塩化アルミニウム液を配合した強力な制汗剤があります。

 

塩化アルミニウム液を塗った皮膚は、収れん作用によって汗腺を物理的に塞いでしまうんです。汗が出る汗腺にフタをしてしまうということですから、ある意味、根本的な対策なわけです。

 

もちろん汗腺が塞がれる収れん作用は永続的なものではありませんが、一度塗ると1日中大丈夫で、人によっては数日から1週間程度効果が持続するという口コミも見られます。

 

効果が高いだけに、肌への負担も大きめなのは注意した方が良いです。塩化アルミニウム液を配合した制汗剤の代表的な製品は写真の『デトランスα』ですが、脱毛後48時間は使用しないようにという注意書きがあります。

 

脇汗対策は組み合わせで

こうして見ると、脇汗対策にも色々あることが分かります。

 

基本的には、規則正しい生活を送り、健康的な食事を摂って、イソフラボンの摂取も心がけると良いです。その上で、イザという時は、制汗剤を使うなどで工夫すると良いのではないでしょうか。

 

脱毛したからと言って汗の量が増えるわけではありませんから、極端には気にしなくてOKです。でも、どうしても気になる時には、こうした脇汗対策を組み合わせて対応することをオススメします。

 

全身脱毛サロン『ラヴォーグ』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報、新店舗情報なども順次追加しています!